『美女と野獣』『ダウントン・アビー』のダン・スティーヴンスが主演を務めるロマンティック・ムービー『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』(1月14日公開)の本編映像が解禁された。理想の恋人としてプログラムされたアンドロイドのダン・スティーヴンスが、パーフェクトな朝食も部屋の掃除もこなし、愛する人のため健気に奮闘する姿を捉えた映像だ。

キッチンを覗くと「眠れた?」と優しく問いかけるダン・スティーヴンスの姿

本作はミドルエイジクライシスに直面する女性と、彼女の理想の恋人としてプログラムされたアンドロイドが織りなす、クスっと笑えてほんのりビターなラブロマンス映画。 人間同士の恋愛は妥協や擦り合わせの繰り返しで、ままならないことばかりだが、ロボット相手なら難しい人間関係もストレスゼロ。しかし、衝突のない関係は「愛」なのだろうか? それとも「高度で繊細なアルゴリズムの結果」なのか? 果たして、人間アルマとロボットのトムが行き着く未来とは?

抜群のルックスと穏やかな性格と豊富な知識、ロマンチックなエスコートで難攻不落のアルマに恋を仕掛けるアンドロイド・トムを演じるのは『美女と野獣』(17)、『ダウントン・アビー』(10~15、19)で観客のハートをつかんだダン・スティーヴンス。トムに尽くされても素直になれないアルマには、『es[エス]』(01)や『ヒトラーを欺いた黄色い星』(17)など、ドイツで活躍するマレン・エッゲルト。監督は、超正統派ユダヤ教徒のコミュニティから逃亡する女性を描き、プライムタイム・エミー賞を受賞した『アンオーソドックス』(20/Netflixにて配信中)のマリア・シュラーダー。

今回解禁された映像は、朝、気配を感じたアルマがキッチンを覗くところから始まる。そこには「眠れた?」と優しく問いかけるトムの姿と、パーフェクトな朝食の準備が。

何が起こったかいまいち掴めない彼女に対して「片付けてみた、ものが見やすくなる」「システムに従って整理したけどー」と、トムは自慢気に告げてくる。しかしアルマにとっては、全てが“やりすぎ”! アルマの機嫌が悪くなったことを瞬時に見抜いたトムが「大丈夫だ、11分くれればすベて元の場所に戻せる」と取り繕うが、どうにもアルマの気持ちは収まらない。

イラついた気持ちを落ち着けるように身支度を整えるアルマだったが、バスルームから出てみるとそこには本当に「11分」で全てを元に戻そうとする“高速トム”の姿を発見、思わず言葉を失ってしまう。「アルマの最高の伴侶」としてプログラミングされたアンドロイドのトムが、彼女に幸せになってもらうために健気に奮闘する姿がコミカルであり愛すべきシーンとなっている。

作品情報

アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド
2022年1月14日(金)新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー

監督:マリア・シュラーダー『アンオーソドックス』 出演:ダン・スティーヴンス、マレン・エッゲルト、ザンドラ・フュラー

2021年|ドイツ映画|ドイツ語|107分|英題:I’m your man |日本語字幕:金澤荘子 提供:ニューセレクト 配給:アルバトロス・フィルム 映倫:PG-12 |

©2021, LETTERBOX FILMPRODUKTION, SÜDWESTRUNDFUNK

公式HP:imyourman-movie.com

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事