2022年3月11日(金)から全国順次限定公開となるケヴィン・クライン主演『プレゼント・ラフター』の予告編&ポスタービジュアルが解禁された。英国の劇作家・俳優・音楽家などで大成功を収めたノエル・カワードが、“中年の危機”に陥った大人気喜劇俳優の姿を描いた極上のコメディ(喜劇)作品だ。

『アベンジャーズ』シリーズのマリア・ヒル役コビー・スマルダーズのブロードウェイ・デビュー作

本作は、本場ブロードウェイの舞台を映画館で楽しむことができる「松竹ブロードウェイシネマ」の一本。アカデミー賞&トニー賞をW受賞したケヴィン・クラインが主演を務め、第71回トニー賞演劇主演男優賞を受賞した記念すべき作品だ。

舞台は1900年代前半のイギリス、ロンドン。大人気喜劇役者ギャリーは“中年の危機”に陥っていた。腐れ縁の(元?)妻、自分の事を親よりも知っている秘書、恋仲の女流作家、ギャリーに好意を持つ男性作家に若い女性など個性的な面々に囲まれ、なかなか本心を言い出せないギャリー。果たして、ギャリーは最後まで“プレゼント・ラフター(今の笑い)”を演じきることが出来るのか!?

主演ギャリー役を演じるのは、映画『ソフィーの選択』(1982)でデビューし、アカデミー賞助演男優賞を受賞した映画『ワンダとダイヤと優しい奴ら』(1988)、実写版映画『美女と野獣』(2017)の主人公ベルの父親役を演じ話題を集めたケヴィン・クライン。全盛期は去ったがいまだナルシシストで世間に誉め称えられることを当然とのように人生を歩んできたが、時の流れと共に“中年の危機”に陥った大人気喜劇役者を見事に演じている。

主人公ギャリーの現在の恋人役を大ヒット映画『アベンジャーズ』シリーズのマリア・ヒル役で絶大な人気を誇るコビー・スマルダーズが演じる。コビー・スマルダーズにとって、本作品がブロードウェイ・デビュー作となった。

作品情報

プレゼント・ラフター
2022年3月11日(金)から東劇(東京)、なんばパークスシネマ(大阪)、ミッドランドスクエア シネマ(名古屋)ほか全国順次限定公開

〈アメリカ/2017/ビスタサイズ/136分/5.1ch〉

配給:松竹 

ⒸSara Krulwich

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事