第71回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した、ルーマニアの鬼才ラドゥ・ジューデ監督作品『アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ 監督〈自己検閲〉版』(4月23日公開)の予告編が解禁された。世界が同時に経験したパンデミックとその後の社会の閉塞感を背景に、“卑猥”とは何か?と改めて問いかける唯一無二の作品だ。

「抗不安薬を1錠でいいんです。今夜かなり緊張しそうで」

冒頭のあけすけな本番セックスシーンに始まる『アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ 監督〈自己検閲〉版』は本年度アカデミー賞国際長編映画賞ルーマニア代表作品、さらにニューヨークタイムズが選ぶ 2021年ベスト10第2位(6位は『ドライブ・マイ・カー』)に選出されるなど、世界中で大きな反響を呼んでいる挑発的な作品。

“監督〈自己検閲〉版〉”と大々的に謳われた本作は、シーンの要所要所に「殺人シーンはOK で、フェラは NG だって?」「見られなくて残念!」「検閲版だよ!」といったアイロニカルで挑発的、ユーモア溢れるメッセージが文字通り本編に映し出されてゆくスペシャル ver.となっている。鬼才ラドゥ・ジューテ監督が放つ、類を見ない怪作だ。

このたび解禁された予告編は、ルーマニア・ブカレストの名門校教師エミが、薬局で薬を所望するシーンから始まる。「抗不安薬を1錠でいいんです。今夜かなり緊張しそうで」

彼女を待ち受けているのは、夜に控えた緊急招集の保護者会だ。エミと夫とのプライベートセックスビデオが、意図せずネット上に流出し瞬く間に拡散。生徒や保護者の目にも触れたため、エミは事情説明のために日中校長宅に向かっていた。

映像は、街を彷徨うエミの姿を追い続け、彼女に募る不安と苛立ちが社会全体に蔓延しているかのような一触即発の緊張感が漂っている。さらに畳みかけるようにどこか突拍子もないモンタージュの数々が、皮肉たっぷりに挑発的に重ねられていく。「人間の本性は卑猥である」というメッセージで予告編は締めくくられる。

三部仕立てになっている本作では、第一部では、エミが歩き回る姿を追いつつ、すれ違うコロナ禍の人々や街の顔を捉え、第二部では、膨大なアーカイブ映像やコラージュ、そしてジューデ監督の頭の中をのぞくかのような「パゾリーニ、ベンヤミン、ブレヒト、クンデラ、サルトル、ウルフ…」といった歴史、神話、映画監督、思想家らの格言やジョークの蓄積が大放出。そして迎える第三部では、学校でのエミの異端審問さながらの保護者たちによる終わりなき“裁判”がついに開かれる―。

セックスという極私的で本能的な行動が、ひとたび他人の目に晒されることで思いもよらない方向へ転がってゆく。社会の偽善や偏見を浮き彫りにし、キレキレのブラックユーモアで鋭く描く、ルーマニア発の禁断の作品だ。

作品情報

アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ 監督〈自己検閲〉版
2022年4月23日(土)シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー

監督・脚本:ラドゥ・ジューデ
2021/ルーマニア、ルクセンブルク、チェコ、クロアチア/ルーマニア語/106 分/シネスコ/5.1ch/英題:BAD LUCK BANGING OR LOONY PORN/字幕翻訳:大城哲郎/配給:JAIHO R-15

© 2021 MICROFILM (RO) | PTD (LU) | ENDORFILM (CZ) | K INORAMA (HR)

公式サイト unluckysex-movie.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事