映画配信サービス「JAIHO(ジャイホー)」が2022年2月に一部サービス内容をリニューアル。今回リニューアルを記念し、三宅唱監督と大川景子によるプロモーション映像が解禁された。さらに常時配信作を含む、リニューアル後に配信開始となる注目作品の一部も発表された。

ヌーヴェルヴァーグを継承する新しい才能、ギヨーム・ブラック監督作『宝島』が配信決定

2021年6月のサービス開始時から、約100作品のプレミア作品(日本初公開の独占配信作品)/初配信作品を含む、200作以上の名作・話題作を配信してきたJAIHOが、見やすさと使いやすさの追求、操作性とサービスの向上を目指し、生まれ変わる。

株式会社JAIHO代表 加畑圭造コメント
「昨年6月のローンチ以降、皆様からサービスについてのご意見・ご要望や熱い配信作品リクエストを多数お寄せ頂き、ありがとうございます。JAIHOは映画ファンのコミュニティになることを目指しており、皆様のご要望にお応え出来るよう、より多くのリクエスト作品の配信実施、配信期間延長、システム・アップグレードなど、さらに楽しんでいただける環境を整えて参ります。進化するJAIHOにご期待ください!」

リニューアル1:プレミア作品の配信期間が60日間に延長

これまでJAIHOでは配信期間が通常30日間だったが、ユーザーからの「より長く配信作品を楽しみたい」という要望に応え、2022年2月より日本初公開の独占配信作品で編成された「プレミア作品」の配信期間を可能な限り60日間へ延長。

“ヌーヴェルヴァーグ次世代の旗手”フィリップ・ガレル監督による日本未公開作『涙の塩』(2020年/フランス)や、<Cool韓国90s特集>より、チョン・ウソンが大衆に広く知られるようになった記念すべき作品『ビート』(1997年/韓国)などの注目作をこれまでより長い時間楽しむことができる。

リニューアル2:ラインナップ情報の更新タイミングが月毎へ変更

さらにJAIHOは、ユーザーへ先々の配信作品について定期的に早く情報を伝えていくため、これまで不定期だったComing Soonラインナップ情報(配信予定作品の情報)を、2月以降は月毎に一斉に案内する。次回2月の配信ラインナップは1月27日にJAIHOサイト上やニュースサイト各社より発表される。

三宅唱監督&大川景子が手掛けたプロモーション映像が解禁

このたびのリニューアルを記念し、数々の映画賞に輝いた青春映画『きみの鳥はうたえる』(18)の監督であり、Netflix配信のオリジナルドラマ『呪怨:呪いの家』(20)が話題を集め、最新作『ケイコ 目を澄ませて』の公開を控える三宅唱監督と、現在公開中の杉田協士監督『春原さんのうた』や『映画:フィッシュマンズ』(共に21)の編集を手がけた映画編集者・大川景子によるJAIHOのプロモーション映像が解禁。

日本ではまだ知られていない傑作を世界中から探し出し、ユーザーへ届けてきたJAIHOだが、本映像は世界中の映画に造詣が深い事で知られる三宅が「探す」をテーマに大川と共に制作。前半では、ペ・ドゥナ主演の『子猫をお願い』(01)から始まり、これまでにJAIHOで配信された全7作品が流れ、登場人物たちの視線が印象的に移り変わっていく。

後半では、これから配信予定のギヨーム・ブラック監督作『宝島』を始めとする全6作品の最新映像を見ることができる。なお、本プロモーション映像は2月4日(金)より半年間、全国のテアトル系列の映画館にて、各上映作品の開始前に上映される予定(注:一部映画館を除く)。

三宅唱監督コメント
「久しぶりに『子猫をお願い』をみて感激したり、全然みてなかった胡金銓をみて呆然としたり、知らないことすら知らなかった映画に興奮したり、さまざまな映画で描かれる<誰かが何かを探したり発見する場面>のサスペンスや驚きについてあれこれ喋りながら、制作しました。おすすめは『宝島』。ここ10年で最も好きな1本です。」

大川景子コメント
「人の心が数ミリ動いた瞬間を目撃してしまうのが映画、その先に希望が待っているのか、絶望なのか、我々はじっと見守ることしかできないのもまた映画。たくさんの宝のような映画から、三宅さんとカットを選び出す作業はとても充実した時間でした。おすすめはフィリップ・ガレル『涙の塩』です。」

2022年上半期注目作品&特集<第1弾発表>

ギヨーム・ブラック監督『宝島』3月配信決定!
女っ気なし』(11)、『やさしい人』(13)のギヨーム・ブラック監督が、パリ郊外にあるレジャー・アイランドでのひと夏を切り取ったドキュメンタリー映画『宝島』(原題:Treasure Island)が、日本初配信!

『宝島』(2019年/アメリカ) 3月2日〜 ※プレミア作品
ブラック監督が敬愛するエリック・ロメールの『友達の恋人』(87)の舞台にもなったフランス北西部の都市セルジー・ポントワーズにある、バカンス客で溢れるレジャー施設で、美しい陽光が降り注ぐ中、施設に忍び込もうとする少年たちや、美しい女性たちを口説く青年たち、昔を懐かしむ老人、施設の従業員たちなど、など、この島でひと夏を過ごす人々の人生模様や、フランスらしい男女の愛の語らい、社会への鋭い視点が織り込まれた傑作。フランスの映画誌「カイエ・デュ・シネマ」の2018年ベストテン第10位に選ばれた。日本でも『ドライブ・マイ・カー』で第74回カンヌ国際映画祭・脚本賞を受賞した濱口竜介監督、今回JAIHO特別映像を制作した三宅唱監督等が好きな作品のひとつに選び、「ドキュメンタリーの境界が無性に気になる。」(濱口監督)「どうやって撮っているのかが分からない。」(三宅監督)と、絶賛する注目の映像作品。

傑作映画の裏側に密着したドキュメンタリー「ストーリー・オブ・フィルム」が2月から常時配信!
120年に及ぶ映画の歴史を全15エピソードで辿るドキュメンタリーシリーズ。制作に6年の歳月をかけ、5つの大陸で撮影を敢行、1,000作以上の映画やアーカイブ映像、アッバス・キアロスタミやベルナルド・ベルトルッチの生前の貴重なインタビューなどによって映画史に隠された壮大な物語に迫る。トロント国際映画祭でプレミア上映され拍手喝采を浴びた。

「ストーリー・オブ・フィルム」(2011年/イギリス)2月1日〜毎月1エピソード配信し、配信後は常時鑑賞できる。 ※プレミア
エピソード1. 映画の誕生
エピソード2. アメリカ映画の功績、そして反抗
エピソード3. 世界中に現れた巨匠たち
エピソード4. 音の出現
エピソード5. 戦争の爪痕、新たな映画の潮流
エピソード6. 映画の膨張
エピソード7. 西ヨーロッパ映画の革命
エピソード8. 世界を席巻する新しい波
エピソード9. 新しいアメリカ映画
エピソード10. 革新的映画作家たち
エピソード11. 大衆文化の革新
エピソード12. 世界の映画製作と抗議
エピソード13. フィルム時代の終焉
エピソード14. デジタル時代の幕開け
エピソード15. 映画の未来

人気作品『’96』、『小公女』、『アワ・ボディ』が2月から再配信&常時配信決定!
昨年にJAIHOで配信したプレミア作品のうち、ユーザーから多数の再配信リクエストのあったインド映画『’96』、韓国映画『小公女』、『アワ・ボディ』の再配信&常時配信が決定!

『’96』(2018年/インド) 2月1日〜常時配信 ※プレミア作品 ※再配信
1996年に高校を卒業した級友たちが22年ぶりに集まった同窓会。そこから蘇る切ない初恋の思い出…。タミル語映画界の野生派スター、ヴィジャイ・セードゥパティが繊細な主人公を演じて大ヒットした純愛ラブストーリー。ヒロインは『ペーッタ』でラジニカーントの妻を演じたトリシャー。

『小公女』(2017年/韓国) 2月1日〜常時配信 ※プレミア作品 ※再配信
一日に一杯のウィスキーとタバコ、そして愛する彼氏がいればそれだけで幸せ。家事代行業をしながら自由に生きる現代版“小公女”ミソの日々を、これが長編監督デビュー作となる女性監督チョン・ゴウンが繊細に描いた韓国インディーズの傑作。ソウル独立映画祭観客賞をはじめ数多く賞に輝いている。

『アワ・ボディ』(2018年/韓国) 2月1日〜常時配信 ※プレミア作品 ※再配信
競争社会の中で自分を見失っていた女性が“ランニング”と出合い、人生の新たなる一歩を踏み出していく。注目の新人女性監督ハン・ガラムの繊細でヴィヴィッドな演出が高い評価を受けた韓国インディーズの話題作。第23回釜山国際映画祭では主演のチェ・ヒソが今年の俳優賞を受賞、第14回大阪アジアン映画祭ではスペシャル・メンションを受賞した。 

ミレニアムコリア!特集
数々の韓国歴代大ヒット作を生んだ2000年代前半、以降世界中から注目されるようになった韓国映画の栄光の時代を特集で振り返る。

『甘い人生』(2005年/韓国) 2月12日〜
ソウルにある高級ホテルの総マネージャー、ソヌ。クールで頭の切れる彼は、裏社会にも絶大な力を持つボスのカンからも厚い信頼を得ていた。非情な男カンは、若い愛人ヒスに別の男がいると疑い始めていた。カンは、ソヌに彼女を監視させ、もし裏切りを見つけた場合は、彼女を殺すか、カンに連絡するよう命じる。ヒスの監視を続けるうち、彼女の不思議な魅力に知らず知らず惹かれていくソヌ。やがて、ヒスと男との情事の現場を押さえたソヌは、ボスの命令に反して、思いがけず事実を隠蔽しようとしている自分に気づき動揺する…。

『爆烈野球団!』(2002年/韓国) 3月8日〜
『JSA』のソン・ガンホ主演のスポーツドラマ。ある日、野球に魅了されたホチャンは、個性的な面々と共に“YMCA野球団”を結成する。チームは苦労の末、連戦連勝するまでに成長するが、日本最強チームの“城南倶楽部”の出現で事態は急展開する。

『ワイキキ・ブラザース』(2001年/韓国) 3月14日〜 ※プレミア作品
ナイトクラブで活動している4人組のバンド“ワイキキ・ブラザース”は不景気のあおりを受けなかなか成功することができず各地を転々としていた。そんな中、一行はリーダーのソンウの故郷で演奏することに。そこでソンウは高校時代に共にバンドをしていた仲間や恩師、初恋の女性に出会うのだったが…。主演を務めるイ・オルをはじめ、パク・ウォンサン、ファン・ジョンミン、リュ・スンボム、パク・ヘイルなど今や韓国映画に欠かせない俳優たちが総出演。また、本作は俳優ファン・ジョンミンを世に知らせるきっかけとなった作品。

『私が、生きる理由』(2011年/韓国) 4月11日〜 ※プレミア作品
映画『美術館の隣の動物園』『おばあちゃんの家』で日本中を感動の渦に巻き込んだ韓国を代表する女性監督イ・ジョンヒャンが、傷ついた心を抱える人々の姿を、繊細なタッチで描き出す感動の人間ドラマ。主人公ダヘを演じるのは、アジアのトップ女優ソン・ヘギョ。美しさと力強さを併せ持ちながらも複雑な内面を抱える難役を見事に演じ切っている。そのほか、子役出身の若手演技派女優ナム・ジヒョンをはじめソン・チャンウィ、キ・テヨンら実力派俳優陣が脇を固め、作品に深みを与える。

『国家代表!?』(2009年/韓国) 4月27日〜
1996年、韓国の地方都市ムジュでスキージャンプの国家代表チームが結成される。パンコーチ(ソン・ドンイル)は、幼いころ養子としてアメリカに渡り、実母を捜しに来韓した元アメリカのアルペンスキージュニア代表のボブ(ハ・ジョンウ)を主将に任命。次に薬物使用でメダルをはく奪された元スキー選手フンチョル(キム・ドンウク)をスカウトし……。

さらに2022年内に、視聴を中断した場合でも、停止した箇所から視聴を再開することが可能なレジューム機能の搭載や、FireTVアプリの大幅アップデートが予定されている。今年も進化を続けるJAIHOに注目だ。

JAIHO(ジャイホー)
www.jaiho.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事