2度の米アカデミー賞受賞監督アスガー・ファルハディが放つ、ソーシャルメディアの功罪を問う極上のヒューマン・サスペンス『英雄の証明』(4月1日公開)の予告編が解禁された。美談の英雄に祭り上げられていく“正直者の囚人”は本物の英雄か、それともペテン師か…?

第94回アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され最有力候補との呼び声も高い

ベルリン、カンヌ国際映画祭にて数々の賞に輝き、『別離』と『セールスマン』で米アカデミー賞外国語映画賞を2度も制した世界的な巨匠ファルハディ。日常の中に生じた小さなひび割れのような出来事が、人生を根底から揺るがす事態に発展していく様を、サスペンスフルかつ情感豊かに描出する傑作を世に送り出し、世界中の観客たちを魅了してきた。

本作では、人間の倫理観を問う普遍的なこのテーマを追求するにあたって、いまや絶大となった SNS やメディアの影響力に着目。主人公の振れ幅の大きな運命を通して、真実というものの曖昧さや、社会に潜む欲望とエゴを現代的な切り口であぶり出す。

イランの古都シラーズ。ラヒムは借金の罪で投獄され服役している。そんな彼の婚約者が偶然にも17枚の金貨を拾う。借金を返済すればその日にでも出所できる彼にとって、まさに神からの贈り物のように思えた。しかし、罪悪感に苛まれたラヒムは落とし主に返すことを決意。そのささやかな善行は、メディアに報じられると大反響を呼び“正直者の囚人”という美談の英雄に祭り上げられていく。ところが、SNSを介して広まったある噂をきっかけに状況は一変。周囲の狂騒に翻弄され、無垢な吃音症の幼い息子をも残酷に巻き込んだ大事件へと発展していく。

第74回カンヌ国際映画祭にてグランプリ&フランソワ・シャレ賞、第93回ナショナル・ボード・オブ・レビュー脚本賞、外国語映画賞などを受賞し、第79回ゴールデングローブ賞非英語映画賞にノミネート、本年度・第94回アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出されアカデミー賞最有力候補との呼び声も高い作品だ。

このたび解禁された予告編は、借金のため刑務所に服役しているラヒムが、休暇中に金貨を拾い、落とし主を探して銀行を訪ねるシーンからはじまる。

借金があるにもかかわらず金貨を返却したことが TV で報道されると大反響となり、ラヒムは“正直者の囚人”として美談の英雄に祭り上げられていく。しかし SNS で金貨の行方を問う噂が広まると状況は一変。金貨を返した相手を探し奔走するラヒムは、父親を信じる吃音症の幼い息子も巻き込み、周囲の狂騒に翻弄されてゆく…。彼は本物の英雄か、詐欺師なのか…? 衝撃的でスリリングな展開を予感させる予告編となっている。

『英雄の証明』は4月1日(金)Bunkamura ル・シネマ、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテにて公開。

作品情報

英雄の証明
2022年4月1日(金)Bunkamura ル・シネマ、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテにて公開

監督・脚本・製作:アスガー・ファルハディ
出演:アミル・ジャディディ、モーセン・タナバンデ、サハル・ゴルデュースト、サリナ・ファルハディ
2021 年/イラン・フランス/ペルシア語/2.39:1/5.1ch/127 分/原題:GHAHREMAN/英題:A HERO/日本語字幕:金井厚樹/字幕監修:ショーレ・ゴルパリアン /後援:イラン・イスラム共和国大使館イラン文化センター、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

配給:シンカ/提供:シンカ、スカーレット、シャ・ラ・ラ・カンパニー、Filmarks
文部科学省選定 一般劇映画(青年・成人向き)

© 2021 Memento Production - Asghar Farhadi Production - ARTE France Cinéma

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事