韓国エンタメ界が世界に放つ呪術×ゾンビの衝撃作『呪呪呪/死者をあやつるもの』の日本公開が2023年2月10日(金)に決定した。あわせて呪術により蘇った屍“在此矣(ジェチャウィ)”をフィーチャーした衝撃的なファーストルック映像と場面写真が解禁された。

ジョージ・A・ロメロに深く敬意を表するヨン・サンホがゾンビ史に新たな一ページを刻む

『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)で第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭監督賞を受賞するなど世界的な評価を得てヒットに導き、「地獄が呼んでいる」(21、Netflix)など話題のコンテンツを次々と生み出している韓国の俊英ヨン・サンホ。

本作は、「寄生獣 -ザ・グレイ-」(Netflix)を監督することでも注目を集めている彼が原作・脚本をつとめ、「シスターズ」「トッケビ 君がくれた愛しい日々」「愛の不時着」など作品のクオリティと商業性を兼ね備えた最注目のスタジオドラゴンとタッグを組み世に放つ呪術ゾンビアクション。Netflix「シスターズ」での好演も光るオム・ジウォンと『パラサイト 半地下の家族』で強いインパクトを残したチョン・ジソら豪華キャストの共演も話題を呼んでいる。

閑静な住宅街で起きた凄惨な事件。被害者の傍らで横たわる容疑者らしき死体が発見された。しかし、その死体は死後3カ月経過しており、警察が捜査を進めるにつれ事件は混迷を極めていく。ジャーナリストのイム・ジニ(オム・ジウォン)はこの奇妙な事件の謎を追及すべく調査を進めると、背後にとある企業の陰謀が関係していることを突き止めた。しかし、そこには人知を超えた強大な“呪い”が渦巻いていた。ジニは、失踪し音信不通になっている呪術師のソジン(チョン・ジソ)なら“呪い”の正体を突き止めることができるのではと、彼女の帰還に望みを託すのだが…。

公開決定にあわせて解禁された映像は、ヨン・サンホがアジアの伝説的な生き物や恐ろしい伝承的な民話を現代風に蘇らせようとフィーチャーした“在此矣(ジェチャウィ)”の姿が映し出されている。聖痕が腕に浮かびあがると、奇妙な動きをしながらも一糸乱れぬ隊列で襲い掛かる姿は圧巻。ゾンビ映画の開祖であるジョージ・A・ロメロに深く敬意を表するヨン・サンホがゾンビ史に新たな一ページを刻みこむ!

作品情報

呪呪呪/死者をあやつるもの
2023年2月10日(金)新宿バルト9他にて公開
※呪呪呪の読みは「じゅじゅじゅ」

英題:「The Cursed: Dead Man’s Prey」
監督:キム・ヨンワン
原作・脚本:ヨン・サンホ
キャスト:
オム・ジウォン 、チョン・ジソ 、チョン・ムンソン 、
キム・イングォン 、コ・ギュピル
提供:CJ ENM  制作会社:クライマックス・スタジオ 
共同制作:CJ ENM、スタジオドラゴン、キーイースト
配給:ハピネットファントム・スタジオ

ⓒ2021 CJ ENM, CLIMAX STUDIO ALL RIGHTS RESERVED

公式サイト https://happinet-phantom.com/jujuju/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事