世界的歌姫・Sia(シーア)が初監督を務める『ライフ・ウィズ・ミュージック』(2月25日公開)の主題歌の日本カバーソングアーティストに“ELAIZA”が決定。池田エライザが、本作ではアーティスト“ELAIZA”として主題歌「Together」を日本語の歌詞で熱唱する。あわせて「Japanese cover MV」も解禁された。

「表現の方法は無限。様々な表現に挑戦されるSiaにとても共感します」

ステージでは素顔を見せない“顔なきポップスター”として、世界的注目を集めるシンガーソングライター・Sia(シーア)。楽曲はもちろん、パフォーマンスやMVに見られる卓越したセンスに定評のある彼女が初監督を務めた本作は、オリジナル楽曲でカラフルに彩る新体感ポップ・ミュージック・ムービー。

孤独で生きる希望を失っていたひとりの女性が、家族の存在や周りの人々の助けによって“愛する”ことを知り、居場所を見つける感動物語。監督Siaは愛すべき人々の存在によって主人公ズーが生きる希望を見出していくドラマシーンと、登場人物の心情を表現したカラフルでポップな音楽シーンを交錯させ、これまでにない映画を生み出した。

今回、本作の公開に合わせて、主題歌「Together」の日本版カバーソング制作が決定。カバーソングを歌うアーティストに選ばれたのは、ELAIZA。本作の監督Siaと同じく、女優業に限らず、映画監督、モデル、アーティストなど幅広いフィールドで才能を発揮している池田エライザが、本作ではアーティスト“ELAIZA”として、「明日への希望」と「信じてくれる人達=居場所」は必ず見つかるというメッセージが込められた主題歌「Together」を日本語の歌詞で熱唱する。

本作のオファーを受けたことについて「お話が来た時は純粋に嬉しかったです。とても大好きなSiaがまた新しい形で言葉を届けてくれるんだ、というのは本当に幸福な気持ちになりました」と喜びを伝えながら「表現の方法というのは本当に無限にあって、"歌手"や"監督"という言葉は誰かにわかりやすく自分のやっていることを伝えるためにあるのだと思います。気持ちがブレないからこそ、様々な表現に挑戦されるSiaにとても共感しますし、ご自身の人生を元にまるでギフトのような映画を作り上げてくださったことに、いちファンとしてとても感謝しています」と、Siaと同じようにマルチに活動しているアーティストとして共感とリスペクトの気持ちを述べた。

あわせて、ELAIZAの優しく包み込むような透き通った歌声を収録した「Japanese cover MV」が解禁。

ELAIZAは、Siaの「Together」を日本語でカバーするにあたり「Siaの『Together』には、前に進んでいく、これからを輝きながら生きていくというエネルギーをくれるような言葉がたくさん散りばめられていて、音も気持ちを高ぶらせてくれるハッピーな音が多かったです。その波に乗り遅れないように私なりのメッセージやエネルギーみたいなものもたくさん詰めるようにしました。英語がもつ柔らかさを日本語なりの柔らかさとやさしさ、輝きみたいなところが出たらいいなと思って、そういうところは意識して歌いました。すごく楽しかったです」と、Siaが本作と主題歌に込めた想いをELAIZAなりに解釈し、収録を楽しんだこと振り返る。

解禁映像では、ELAIZAが歌う「Together」にのせて、心の奥に孤独を抱えた主人公・ズー(ケイト・ハドソン)が祖母の急死により、自閉症の妹・ミュージック(マディ・ジーグラー)と暮らし始めるところから、隣人のエボ(レスリー・オドム・Jr.)や周囲の助けによって徐々に「愛する」ことを知り、自分の居場所をみつけるまでの、数々の喜怒哀楽を切り取った場面が交錯する。

本作についてELAIZAは「ミュージックの視点で描かれる音楽のシーンはとても新鮮だし、すごく刺激的でした。ズーとエボが対峙するシーンもお気に入りです。なかなか人に伝えられないことを言える心が溶け合う関係になれたところに、自分たちの意図しない瞬間が訪れて、その場面で二人のいじらしさや人間らしさ、大人だけど未熟な部分がみえてきて、とても魅力的でした」と、お気に入りの見どころシーンを熱弁した。

また、公開に先駆けて2月13日(日)TOHOシネマズ日本橋にてELAIZAによる登壇イベント付きプレミア上映会の実施が決定。チケットは1月27日(木)11:00より、チケットぴあにて発売される。詳細は公式サイト(lifewithmusic.jp)にて。

『ライフ・ウィズ・ミュージック』登壇イベント付プレミア上映会

◆日時:2月13日(日)14:45 開場 / 15:00 舞台挨拶開始 /  15:35 開映
◆場所:TOHOシネマズ日本橋 ◆登壇者:ELAIZA ◆料金:2,100円 

『ライフ・ウィズ・ミュージック』は、2月25日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

ELAIZA コメント全文

Q. Siaと同じようにELAIZAさんも女優業に限らず、アーティストや監督としてご活躍されていることもあり、Siaの想いに共感頂ける方だと感じました。この主題歌のオファーが来たとき、どう思いましたか?

お話が来た時は純粋に嬉しかったです。とても大好きなSiaがまた新しい形で言葉を届けてくれるんだ、というのは本当に幸福な気持ちになりました。表現の方法というのは本当に無限にあって、"歌手"や"監督"という言葉は誰かにわかりやすく自分のやっていることを伝えるためにあるのだと思います。気持ちがブレないからこそ、様々な表現に挑戦されるSiaにとても共感しますし、ご自身の人生を元にまるでギフトのような映画を作り上げてくださったことに、いちファンとしてとても感謝しています。

Q.Siaの「Together」を聴いた時、お気に入りの歌詞はありますか? また、レコーディング現場で歌う際に、その歌詞に対してどのように表現しましたか?

Siaの「Together」には、前に進んでいく、これからを輝きながら生きていくというエネルギーをくれるような言葉がたくさん散りばめられていて、音も気持ちを高ぶらせてくれるハッピーな音が多かったです。その波に乗り遅れないように私なりのメッセージやエネルギーみたいなものもたくさん詰めるようにしました。

「再生してスティービーワンダー」
「落っこちる前に聞かなきゃ」
というフレーズは英語でも日本語でもとても心に刺さりました。
私も小さい頃、すがるようにスティービーワンダーの景気の良いサウンドを聴いていたので、懐かしい記憶と共に、忘れてはいけない当時の思いも思い出せて、心がときめきました。

英語がもつ柔らかさを日本語なりの柔らかさとやさしさ、輝きみたいなところが出たらいいなと思って、そういうところは意識して歌いました。すごく楽しかったです。

Q.本作は主人公ズーが生きる希望を見出していく「ドラマシーン」と、登場人物の心情を表現したカラフルでポップな「音楽シーン」が交錯する構成になっています。お気に入りのシーンについて教えてください。

ミュージックの視点で描かれる音楽のシーンはとても新鮮だし、すごく刺激的でした。そして、ズーとエボが対峙するシーンもお気に入りです。なかなか人に伝えられないことを言える心が溶け合う関係になれたところに、自分たちの意図しない瞬間が訪れて、その場面で二人のいじらしさや人間らしさ、大人だけど未熟な部分がみえてきて、とても魅力的でした。

主題歌「Together」歌詞(訳詞:樹原孝之介)

(Oh together) ともに行こうよ

その口から雷聞こえた
崖っぷち
再生してスティービーワンダー
落っこちる前に聴かなきゃ

耳から見える稲妻
怯えてるね
ライオンは眠るよ
君の涙の中

Ooooo
誰かの前にまず
自分のことを愛す
あなた自身がまず
たいせつ

過去なんて燃やそう
立ち上がり空を見て
行ける 高く高く
Oh together ともに行こうよ
X2

もう大丈夫
その心には虹が見える
私の天使
昨日にバイバイ 明日におはよう

Ooooo
誰かの前にまず
自分のことを愛す
あなた自身がまず
たいせつ

過去なんて燃やそう
立ち上がり空を見て
行ける 高く高く
Oh together ともに行こうよ
X2

I want love, I want to give it
I want love, please deliver it
X4

過去なんて燃やそう
立ち上がり空を見て
行ける 高く高く
Oh together ともに行こうよ
X2

(Oh together) ともに行こうよ
(Oh together) we can take it higher
(Oh together) ともに行こうよ

作品情報

ライフ・ウィズ・ミュージック
2022年2月25日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

STORY
アルコール依存症のリハビリテーションプログラムを受け、孤独に生きるズーは、祖母の急死により長らく会っていなかった自閉症の妹・ミュージックと暮らすことに。頭の中ではいつも音楽が鳴り響く色とりどりの世界が広がっているが、周囲の変化に敏感なミュージックとの生活に戸惑い、途方に暮れるズー。そこへアパートの隣人・エボが現れ、優しく手を差し伸べる。次第に3人での穏やかな日々に居心地の良さを覚え始めたズーは、孤独や弱さと向き合い、自身も少しずつ変わろうとしていくが……。

監督・製作・原案・脚本:シーア
キャスト:ケイト・ハドソン(『あの頃ペニー・レインと』)、マディ・ジーグラー(Sia「シャンデリア」MV)、レスリー・オドム・Jr.(ミュージカル「ハミルトン」)
原題:MUSIC/2021/アメリカ/107分/カラー/シネスコ/DCP/5.1ch/字幕翻訳:原田りえ/監修:山登敬之 【G】

配給:フラッグ

© 2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

公式サイト lifewithmusic.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事