韓国映画初の「盗油」犯罪を描く、極上アクション・エンターテインメント『パイプライン』がいよいよ明日2月4日(金)公開。このたび主演を務めるソ・イングクのコメント動画が公開された。日本のファンに向けられた特別メッセージだ。

「僕たちは非常に楽しく、苦労しながら撮影しました」

本作は日本では聞くことが少ない「盗油」をテーマに描いた痛快アクション・エンターテインメント。地下に隠された数千億ウォンの石油を盗むべく、犯罪組織が作戦を決行。しかし、その作戦は簡単なものではなかった。命がけの作戦の中で交差する犯罪者たちの苦悩。異なる目的を持つ者たちの騙し騙されあいを繰り広げながら最も危険で最も壮大な、命がけの盗油作戦が今始まる…。

「盗油」の犯罪組織のリーダーを担う最高峰の穿孔技術者を演じたのは、「応答せよ1997」「元カレは天才詐欺師」をはじめジャンル不問の完璧な熱演で作品毎にファンを虜にするソ・イングク。ブランド物のスーツを着たまま穿孔を行う姿から危険な盗油作戦に身を投じる姿まで、再び観客を魅了する。

数千億ウォンの盗油作戦を計画する大企業の後継者にはモデル出身のイ・スヒョクを抜擢。ストーリーに緊張感を与える冷徹で血も涙もない役柄は、今までこなしてきたその役柄のイメージからは想像できない正反対の魅力を見せている。コミカルでありながら、憎めない魅力でいっぱいのチョプセ役にはウム・ムンソク。そのほかそこへ合流する数名の盗油師たちも映画やドラマで幅広く活躍する実力派俳優たちが脇を固めている。『江南ブルース』や『マルチュク青春通り』で話題を呼んだユ・ハが監督を務める。

このたび解禁されたメッセージ動画では、8年ぶりに映画主演を務めたソ・イングクが「僕たちは非常に楽しく、苦労しながら撮影しました。きっと皆さんにも伝わると思います」とこの作品に込めた熱い思いを語る。

さらに、「緊迫感と痛快さを感じてもらえる作品です」と作品の魅力についても語っている。アクションムービーを自身の復帰作に選んだソ・イングク。爆破を伴う大迫力のアクションシーンもこなし、俳優として新境地を開拓したソ・イングクの活躍を劇場のスクリーンで確かめてみよう。

『パイプライン』は2月4日(金)よりシネマート新宿他全国ロードショー。

作品情報

パイプライン
2022年2月4日(金) シネマート新宿ほか 全国ロードショー

【ストーリー】
パイプに手さえ触れれば、大成功を収める盗油業界最高の穿孔技術者“ピンドリ”は、数千億ウォンの石油を盗むために大計画をぶち上げた大企業の後継者ゴヌの提案を拒めず、危険極まりない作戦に合流する。プロ溶接工の“チョプセ”から、地中を透視できるかのように把握している“ナ課長”、怪力の人間掘削機“ビッグショベル”、彼らを監視する“カウンター”まで!しかし、異なる目的を持つ者たちが騙し騙されながら、計画は予想外の方向にこじれ始める…。

監督:ユ・ハ『マルチュク青春通り』『江南ブルース』 脚本:ユ・ハ、キム・ギョンチャン『1987、ある闘いの真実』
出演:ソ・イングク『君に泳げ!』「元カレは天才詐欺師♡ ~38師機動隊~」、イ・スヒョク『チャ刑事』、ウム・ムンソク『君の結婚式』、ユ・スンモク『悪人伝』、テ・ハンホ『潔白』、ペ・ダビン「私のIDはカンナム美人」
2021年/韓国/108分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/日本語字幕:福留 友子/原題:파이프라인/英題:PIPELINE/映倫【G】

配給:クロックワークス

© 2021 [CJ ENM, GOM PICTURES, M.o.vera Pictures] All Rights Reserved.

公式サイト  https://klockworx-asia.com/pipeline/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事