近年深刻化する犯罪のひとつである振り込め詐欺を韓国で初めて描いたピョン・ヨハン主演のリアル犯罪アクション『声/姿なき犯罪者』がいよいよ今週10月7日(金)新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開。このたび、ピョン・ヨハン演じる元刑事と、キム・ムヨル演じる振り込め詐欺犯が一騎打ちを繰り広げるアクションシーンの映像が解禁された。

「撮影当日、二人はほとんど全てのアクションを自分たちで演じ、スタッフたちを驚かせた」

韓国検察庁の発表では、2020年の韓国国内で起きた振り込め詐欺被害件数は約4万件、被害額は約7,000億ウォン(日本円にして約700億円)に上る。特に近年振り込め詐欺は進化し、SNSやスマホアプリ等が使われ、手口が巧妙になりつつある。被害が多発する犯罪を題材にし、韓国で初めて映画化したのは、『ホワイト:呪いのメロディー』(11)等を手掛けた双子の兄弟監督キム・ソン&キム・ゴク。

建設現場で働く元刑事のソジュン。愛する妻と平穏な日々を過ごすはずが、振り込め詐欺の罠にかかり大金を失う。怒れる男は刑事の勘を呼び覚まし、奪われた金を取り戻すため詐欺組織に潜入し復讐を果たす決意をする―。 

このたび、本作のキム・ソン監督が「映画の中でとても重要なシーンだった」と振り返る、ピョン・ヨハン演じる元刑事ソジュンが、振り込め詐欺集団の本拠地に潜入し、自分の妻や仲間を詐欺の罠に陥れた張本人の振り込め詐欺犯クァク(キム・ムヨル)とついに対決し、激しい一騎打ちとなるアクションシーンの本編映像が解禁された。

完全に外から隔離された振り込め詐欺のコールセンターがある本拠地の場所を何とか外に知らせようと、管理者クァクの部屋に忍び込んだソジュン。スマホで位置情報を確認するソジュンの姿を見つけたクァクがゴルフクラブで殴りかかる!「何してる!」と怒鳴るクァクに、殴られ倒れ込んだソジュンは「キム・ヒョンス弁護士。俺の友達なんだろ?」と返す。実はこのクァクこそ、ソジュンの妻に弁護士を装って詐欺電話をかけ、金をだまし取った張本人だった。 

一方でソジュンを追って中国に来た韓国警察の知能犯罪捜査隊のチーム長ギュホ(キム・ヒウォン)らも必死で行方を探し、その警察の動きを察知したコールセンターの監視者チョン本部長(パク・ミョンフン)は「事務所を移す!」と慌てて指示。コールセンターで働く人々に証拠隠滅を命じ、逃走の準備を急ぐ。そうとは知らずに激しく殴り合うソジュンとクァク。ついにソジュンの怒りが爆発し、蹴り飛ばされたクァクは「話し合いで解決を」と言いながらナイフで襲い掛かり、二人の一騎打ちに目が釘付けになるシーンとなっている。

このシーンのために、撮影前からアクション監督の指導を受けたピョン・ヨハンとキム・ムヨル。キム・ソン監督いわく「二人の運動神経が抜群だったのですごく早く習得してくれた」。そして「撮影当日、二人はほとんど全てのアクションを自分たちで演じ、スタッフたちを驚かせた」と振り返り、ピョン・ヨハンについては「とても真面目で情熱的な俳優。これまでのダンディなイメージを果敢に脱ぎ捨てて、荒々しく切迫した元刑事になり詐欺グループに乗り込む彼にぜひ期待してください!」と絶賛。

ピョン・ヨハン自身も本作でのアクションについて、「ソジュンはヒーローのような存在ではなく、命を懸けて金を取り戻さなければならない切実さ、壮絶さを見せたかった」とキャラクターの感情がアクションにも溶け込むよう情熱を注いだことを明かした。

振り込め詐欺の実態を徹底的にリサーチしたストーリーと、俳優たちがリアルさを追求したアクションが観客を魅了し、韓国では「振り込め詐欺へのワクチンのような映画」だと話題になった『声/姿なき犯罪者』は10月7日(金)新宿武蔵野館他にて、全国順次ロードショー。

作品情報

声/姿なき犯罪者
2022年10月7日(金)新宿武蔵野館他にて、全国順次ロードショー

STORY
振り込め詐欺によって娘の治療費からマンションの支払いまで、沢山の人々が大金を失った。現場の作業員として働くソジュン(ピョン・ヨハン)は、前職は刑事という異色の経歴を持つ。彼は愛する妻と同僚の30億ウォンを取り戻すため、振り込め詐欺犯を追跡しはじめる。犯人の手がかりを掴み、中国のある建物へ侵入するソジュンだったが、そこでは組織化された巨大な詐欺集団が総責任者クァク(キム・ムヨル)の指示で毎日多額の振り込め詐欺を行っていた。愕然とするソジュンだったが、300億ウォン規模の新たな詐欺計画を知り、元刑事の正義感に再び火が付き、ひとり巨悪に挑む!

主演:ピョン・ヨハン 『茲山魚譜 チャサンオボ』、『太陽は動かない』
出演:キム・ムヨル 『悪人伝』、キム・ヒウォン 『鬼手』、パク・ミョンフン 『ただ悪より救いたまえ』、イ・ジュヨン 『サムジンカンパニー1995』
監督:キム・ソン&キム・ゴク 『ホワイト:呪いのメロディー』(11)
2021│韓国│韓国語│109分│シネスコ│5.1ch│カラー│原題:보이스(ボイス)│提供:ツイン、Hulu│配給:ツイン

© 2021 CJ ENM Co., Ltd., SOOFILM ALL RIGHTS RESERVED

公式サイト https://koe-voice.jp/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事