第70回ベルリン映画祭コンペ部門に出品、サリー・ポッター監督最新作『選ばなかったみち』(2月25日公開)に著名人絶賛コメント、イメージイラストが続々到着した。

「苦くて美しい認知症の描写は、全ての人が知るべき世界だ」

本作は、『耳に残るは君の歌声』『ジンジャーの朝〜さよなら、わたしが愛した世界』を手掛けたイギリスを代表する女性監督サリー・ポッターが、若年性認知症と診断された弟に寄り添った経験をもとに自らが脚本も手掛けた物語。

人生の岐路で自分の選んだ道は正しかったのか、もしも別の選択をしていたら? 胸の奥底にしまい込んだ過去の大切な出来事や記憶を繋ぎながら、人生の奥深さに迫る感動の問題作だ。

主人公である父レオ役は、圧倒的な存在感で観るものを引き付けて離さないオスカー俳優ハビエル・バルデム、娘モリーをイノセントな魅力を放ちながらも確かな演技力で数多の実力派監督と組んできた人気女優エル・ファニングが演じ、ついに父娘役で初共演を果たした。その他、ローラ・リニー、サルマ・ハエックら実力派名優が脇を固める。

『選ばなかったみち』

本作が描くのは、ニューヨークのアパートにひとりで暮らす父レオ(ハビエル・バルデム)を娘モリー(エル・ファニング)が病院へ連れていくために彼を訪ねるある朝から始まる24時間。ひとりでは生活もままならないレオが幻想として見る自身がかつて選ばなかった人生と、モリーが直面する厳しい現実が交錯しながら進んでいく。

そんな本作に各界著名人からのコメントと瑞々しくやわらかなイメージイラストが寄せられた。コメントを寄せたのは綾戸智恵(ジャズシンガー)、鎌田實(医師・作家)、今日マチ子(漫画家)、水道橋博士(芸人・タレント)、檀れい(女優)、ハリー杉山(タレント)、萬田久子(女優)、矢部太郎(お笑い芸人・マンガ家)、養老孟司(東京大学名誉教授)ら総勢17名の著名人。映画が描き出す、父と娘が織りなす人生の奥深さについて言及したものや、年齢、世代にかかわらず、前に進むために置いてきたもうひとつの「選ばなかったみち」に思いを馳せ、自分の人生に引き寄せてコメントされているものも。コメント全文・一覧はページ下部にて。

「このストーリーは認知症を患う弟ニックの傍らで思いついたもの」と語るサリー・ポッター監督は、認知症の父とその娘の現実をただ見せることはしない。文化や言語が異なる他者との関係、ボーダー(境界)を描き続けてきた彼女だからこそ、幻想と現実の境目を行き来する父の揺らぎにいつしか観客はモリーとともに向き合い、併走しているのかもしれない。

劇中、レオが見る幻想そのものをモリーは感じることができないが、DEKO(イラストレーター)、miii(作家・イラストレーター)、眼福ユウコ(画家・イラストレーター)、せき(イラストレーター)の4名のイメージイラストでは、父の“居場所”を知りたいと奮闘するモリーの強い願いに寄り添うかのようだ。レオとモリーが渾然一体となっており、軽やかでそれぞれ味わい深い印象的な作品が揃っている。

DEKOのイメージイラスト
miiiのイメージイラスト
眼福ユウコのイメージイラスト
せきのイメージイラスト

『選ばなかったみち』は2月25日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

『選ばなかったみち』に寄せられた絶賛コメント(五十音順)

現実を見るモリーの目と過去からの幻を見るパパの目が会話する。
私は2人から受け入れる、事の難しさを痛感したなぁ。
演じる名優の凄さ、幻想を映像化できる凄さ、この映画のおかげで少しこの今を受け入れられそうや。
ありがとうパパ!頑張りやモリー!
――綾戸智恵(ジャズシンガー)

今まで"認知症"という病気を身近に感じたことはないけれど、
この物語が他人事とは思えないのは、私たちが生きている中でどうやっても囚われてしまう後悔が散りばめられているからだと思う。
私たちの後悔に終わりは来るのだろうか。
切なくて苦しい旅路かもしれないが、後悔があるから人生は美しいのではないだろうか。
ラスト10分のハビエル・バルデムとエル・ファニングは圧巻のコンビネーション演技!
――加藤るみ(タレント・映画コメンテーター)

不安と喜び、生と死、愛と別れ、現実と思い出。
すべての境界線を超えていく父。それを支える娘。
人生は複雑だけど味があって面白いと思わせてくれるステキな映画だ!
――鎌田實(医師・作家)

過去と現在、父と娘。混乱した断片が重なる奇跡。
苦くて美しい認知症の描写は、全ての人が知るべき世界だ。
――今日マチ子(漫画家)

混濁する父。困惑する娘。見守る僕たち。
皆等しく、後悔のない人生などない。
あの日の“選択”を静かに肯定する、救済の映画。
――SYO(物書き)

記憶と現実が混在する世界がとても美しく残酷に描かれ、
胸を突き抜いたクライマックスのあの輝きと繋がりはとても意味深く、今も心に留まり続けている。
――新谷里映(映画コラムニスト)

この映画こそが観客が選ばなかった「もうひとつの人生」を照射する魔法の鏡だ。
――水道橋博士(芸人・タレント)

たくさんの岐路の中、後悔のない決断なんてなかなか無い。
でも、どんな人生になろうと受け入れ自分の意志で生きていきたい。
改めてそう思った。
――檀れい(女優)

父が生きているのは目の前の娘がいる現世だけではなかった。
あったかもしれない世界を脳内で旅する父を深い愛で追いかける娘エルファニングに震えました
――中井美穂(フリーアナウンサー)

現実1+幻想世界2=3本分のドラマを同時進行で見た気がしました!認知症側と寄り添う側の歩く道の深さ。
この映画を選ばないという道はないです!
――にしおかすみこ(芸人)

痛いほど響く美しい作品。認知症と向き合う父を持つ僕の人生と重なるシーンが多く、涙無しでは語れません。
自分、もしくは自分の最愛の人が認知症と向き合うようになった時、人生は逆さまになります。でも最初のパニックから認知症と正しく向き合えば日常もさほど変わらず、むしろ心と心は接近し、人生に対して更にありがたみを持てるようになります。ハビエル・バルデム..ありがとう。
――ハリー杉山(タレント)

必死と書いて必ず死ぬ。人生舐めたらあかんで!色々あるのが人生。
選ばなかった道は人それぞれ。後悔するかしないかも人それぞれ。
「パパ何言ってるかわからないよ」
17年前に母を看取った私自身が鮮明に蘇った。
――萬田久子(女優)

今ここにある人生を照らし出すのは、あったかもしれない幾つもの人生の輝きなのかもしれないと思える映画でした。ありがとうございます。
――矢部太郎(お笑い芸人・マンガ家)

派手な事件が起こるわけでなし、ボケた老人とそれを介護する娘の一日が描かれているだけの作品なのに、ある種の緊張感を持たされ、引き込まれて見てしまった。緊張感があるのは、主人公のレオの行動がどういう理由で生じているのかを知りたくなるからで、レオの回想という形で、それが次第に解消されていく。そのあたりの呼吸がじつに見事である。
――養老孟司(東京大学名誉教授)

タラレバしかない人生の岐路。前に進む者が抱く感謝とポジティブさこそ大事なことをそっと教えてくれる。
――よしひろまさみち(映画ライター)

大好きなハビエル・バルデム主演!!
特にノーカントリーが好きな私はこんなハビエル見たくないよ!!って思ったが見れば見るほどこの役似合うなぁ…と新たな発見。
途中空気砲ブッパなさないかヒヤヒヤしました。
――RaMu(タレント・グラビアアイドル・YouTuber)

娘の知らない心の旅をする父が、突然、自分の名を呼んだとき、娘の心に光が差し込む。
人生にはただ一言で悲しみに凍りつく心が溶ける瞬間がある、と嬉しくなった。
――渡辺祥子(映画評論家)

作品情報

選ばなかったみち
2022年2月25日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

【STORY】
ニューヨークに住むメキシコ人移民レオは作家であったが、認知症を患い、誰かの助けがなくては生活はままならず娘モリーやヘルパーとの意思疎通も困難な状況になっていた。ある朝、モリーはレオを病院に連れ出そうとアパートを訪れる。モリーが隣りにいながらもレオは、初恋の女性と出会った故郷メキシコ、作家生活に行き詰まり一人旅をしたギリシャへと彼女とは全く別々の景色をみるのだった―。

監督・脚本:サリー・ポッター 出演:ハビエル・バルデム、エル・ファニング、ローラ・リニー、サルマ・ハエック
2020年/イギリス・アメリカ/英語/86分/カラー/スコープ(シネスコ)/5.1ch 原題:The Roads Not Taken/
日本語字幕:稲田嵯裕里/G

配給:ショウゲート

© BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE AND AP (MOLLY) LTD. 2020

公式サイト https://cinerack.jp/michi/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事