未曾有の原子力潜水艦事故に立ち向かった者たちの衝撃の実話をマティアス・スーナールツ、レア・セドゥコリン・ファースの豪華キャスト共演で映画化した『潜水艦クルスクの生存者たち』(4月8日公開)の予告編と場面写真が解禁された。

『アナザーラウンド』のトマス・ヴィンターベア監督が極上のエンタテインメントへと昇華

本作は、ロシアで実際に起きた未曾有の原子力潜水艦事故を完全映画化した衝撃作。主人公の司令官に『リリーのすべて』や『レッド・スパロー』で人気のマティアス・スーナールツ。その妻を『007』シリーズのレア・セドゥが務め、初の母親役に挑んだ。人命救助に奔走する英艦隊の准将には『英国王のスピーチ』のコリン・ファース。さらに本作が遺作となった名優マックス・フォン・シドーが、ロシア軍の幹部役で威厳のある演技を披露している。

監督には『アナザーラウンド』でアカデミー賞®国際長編映画賞を受賞したトマス・ヴィンターベア。潜水艦クルスクに運命を翻弄された名もなき男たちの実話を、極上のエンタテインメントへと昇華させた。

このたび解禁となった予告編は、広大な大海原を演習中の潜水艦「クルスク」が、不慮の事故により大規模な爆発を起こす衝撃的なシーンから始まる。

事故の一報を受けた英国の海軍准将デイビッド(コリン・ファース)は、あまりの出来事に言葉を失う。艦内では司令官のミハエル(マティアス・スーナールツ)をはじめ、奇跡的に生き残った乗務員達が状況把握に努めていた。

ミハエルの妻であるターニャ(レア・セドゥ)は夫の安否に不安を募らせ、軍の職員に問合せをするも何も答えて貰えない。そんな絶望な状況の中、救出部隊にSOSのサインが届く。艦内に生存者がいる事を知ったデイビッドは国の垣根を越えて、英国からも救出応援の要望をする。

しかし、ロシア軍の幹部(マックス・フォン・シドー)は「これはロシアの問題だ」と要請を断固として拒否する。その事実を知った乗務員の親族たちは怒りを露わにし、幹部たちに対し説明の是非を求める。夫の事を深く愛し、生きて帰ってくる事を強く願うターニャ。その想いは、海底に沈んだミハエルの所まで届き、無事に地上へと生還できるのだろうか…!?

予告編にあわせ本作の場面写真9点が追加解禁。熱心に後輩に指導をする頼もしいミハエルの様子や、ロシア軍に対し強く抗議をするターニャの様子などが切り取られている。

『潜水艦クルスクの生存者たち』は4月8日(金)より、kino cinéma横浜みなとみらい、kino cinéma立川髙島屋S.C.館、kino cinéma天神 他にて全国順次公開。

作品情報

潜水艦クルスクの生存者たち
2022年4月8日(金)より kino cinéma横浜みなとみらい・立川髙島屋S.C.館・天神 ほか全国順次公開

監督:トマス・ヴィンターベア
出演:マティアス・スーナールツ、レア・セドゥ、マックス・フォン・シドー、コリン・ファース
2018年|ルクセンブルク|英語|117分|カラー|シネスコ|5.1ch|原題:KURSK|字幕翻訳:林完治 映倫:G
提供:木下グループ

配給:キノシネマ

© 2018 EUROPACORP

公式サイト https://movie.kinocinema.jp/works/kursk

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事