マティアス・スーナールツ、レア・セドゥ、コリン・ファースという豪華キャストが集結し、アカデミー賞🄬国際長編映画賞を受賞したトマス・ヴィンターベアが監督を務めた『KURSK』(原題)が邦題『潜水艦クルスクの生存者たち』として2022年4月8日(金)より、kino cinéma横浜みなとみらい、kino cinéma立川髙島屋S.C.館、kino cinéma天神 ほか全国順次公開されることが決定した。あわせてポスタービジュアルが解禁となった。

「残されたのは、わずかな酸素と希望だけ──」

本作は、2000年にロシアで実際に起きた未曾有の原子力潜水艦事故の驚愕の実話を、豪華キャスト&製作陣が描き出す、衝撃と感動のヒューマンドラマ。

乗艦員118名を乗せた原子力潜水艦クルスクは軍事演習のため出航するが、艦内の魚雷が突然暴発、凄まじい炎が艦内を駆け巡る。次々と命を落とす惨状に直面したミハイルは、爆発が起きた区画の封鎖を指示し、部下と安全な艦尾へ退避を始めるが、艦体は北極海の海底まで沈没し、わずか23名だけが生き残った。

海中の異変を察知した英国の海軍准将デイビッドは救援を表明するが、ロシア政府は沈没事故の原因は他国船との衝突にあると主張し、軍事機密であるクルスクには近寄らせようとしない。乗組員の命よりも国家の威信を優先する政府の態度に、ターニャたち家族は怒りを露わに抗議する。酸素が徐々に尽きていく中、果たして愛する家族のもとへ帰る事はできるのだろうか─

主人公の司令官ミハイルに扮したのは、『リリーのすべて』や『レッド・スパロー』で人気上昇中のマティアス・スーナールツ。妻ターニャ役には、『007』シリーズのボンドガールで有名となったレア・セドゥ。自身も出産を経験した直後、初の母親役に挑んだ。人命救助に奔走する英艦隊の准将デイビッドには、アカデミー賞®主演男優賞受賞俳優『英国王のスピーチ』のコリン・ファースと豪華俳優が結集した。

監督は『偽りなき者』やアカデミー賞®国際長編映画賞を受賞した『アナザーラウンド』のトマス・ヴィンターベア。脚本には『プライベート・ライアン』のロバート・ロダット、製作会社はリュック・ベッソン率いるヨーロッパコープが務め、潜水艦クルスクに運命を翻弄された名もなき男たちの実話を、極上のエンタテインメントへと昇華させた。

今回解禁となったポスタービジュアルは、夕日に輝く一隻の潜水艦を舞台に、乗務員の仲間たちと共に海底から地上へ戻ろうとするミハイル、愛する夫の無事を願うターニャと息子、そして国籍を超えて人命救助に臨むデイビッド、それぞれの力強い眼差しが映し出されている。「残されたのは、わずかな酸素と希望だけ──」というキャッチコピーが示しているように、海底に沈み酸素が薄くなった極限状態の中で、何とか希望を見出し、愛する人のもとへ帰ろうとする主人公ミハエルの必死な想いが伝わってくる。どんな絶望な状況でも、決して諦めない彼らの行動と勇気に、きっと心を動かされるに違いない。

作品情報

潜水艦クルスクの生存者たち
2022年4月8日(金)より kino cinéma横浜みなとみらい・立川髙島屋S.C.館・天神 ほか全国順次公開

監督:トマス・ヴィンターベア
出演:マティアス・スーナールツ、レア・セドゥ、マックス・フォン・シドー、コリン・ファース
2018年|ルクセンブルク|英語|117分|カラー|シネスコ|5.1ch|原題:KURSK|字幕翻訳:林完治 映倫:G
提供:木下グループ

配給:キノシネマ

© 2018 EUROPACORP

公式サイト https://movie.kinocinema.jp/works/kursk

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事