ほぼ全編が犬目線で撮影された驚きのドキュメンタリー映画『ストレイ 犬が見た世界』(3月18日公開)と大人気漫画シリーズ「銀牙伝説」とのスペシャルコラボが実現。作者・高橋よしひろによる描きおろしイラストが到着した。

「それでも犬達は人間に惜しみなく『温かみ』を与えてくれる…共感が止まりません」

本作は殺処分ゼロの国トルコ・イスタンブールの街で暮らす野良犬たちに密着し、犬目線のカメラで世界を覗きながら、動物と人間の関係性を新たな視点でとらえたドキュメンタリー。舞台となるトルコは、世界でも珍しいほど犬との歴史と関係を持つ国。過去への反省から、殺処分や野良犬の捕獲が違法とされている国のひとつであり、動物愛護に関する国民の意識も非常に高い。2017 年に、そんなトルコを旅した自身も愛犬家のエリザベス・ロー監督は、主人公となる犬ゼイティンと偶然に出逢い、「何か目的を持っているところに惹かれ追いかけた」と言う。犬たちが自由に街を歩き、人間との共存社会を築いていることに導かれ、彼らに密着し犬目線のカメラで追い続けたその世界は、信頼と愛に満ちていた――。

このたび到着したのは、厳しい環境を生き抜く犬たちの冒険と友情を描き、世代や国境を越えて愛され続けてきた大人気漫画シリーズ「銀牙伝説」の作者・高橋よしひろによる描きおろしイラスト。

今回のイラストは高橋よしひろが映画『ストレイ 犬が見た世界』にインスピレーションを受け、本作の主人公犬・ゼイティンや野良犬たちと「銀牙伝説」シリーズの現メインキャラクターである秋田犬・オリオンがイスタンブールの街を共に歩く、二つの世界がクロスオーバーしたものとなっている。

彼らの背景にはイスタンブールの観光名所であるスレイマニエ・モスクのシルエットが美しく夕日に照らされ、ゼイティンはまるでオリオンにイスタンブールの街を案内するかのように、優しく信頼に満ちた視線を送っている。

力強いタッチで描かれたゼイティンは、映画から感じ取れる意志の強さに加え、とても優雅で生き生きとした表情をたたえている。

高橋よしひろはイラストを手掛けるにあたり本作を鑑賞し、「人間のために造り上げられた大都会で、野犬が生きてゆくのは非情に苛酷です。それでも犬達は人間に惜しみなく『温かみ』を与えてくれる…共感が止まりません」とコメントを寄せた。

野良犬たちを追いかけることで、イスタンブールの風景や人々の暮らしも見えてくる本作。まるで現地の匂いがしてくるかのような臨場感あふれる今回のスペシャルコラボイラストで、ゼイティンやオリオンと一緒にイスタンブールを旅する気分に浸ってみよう。イラストは作品公式 twitter や公式 HP、パンフレットに掲載される。

『ストレイ 犬が見た世界』は3月18日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

コメント全文

人間のために造り上げられた大都会で、野犬が生きてゆくのは非情に苛酷です。
それでも犬達は人間に惜しみなく「温かみ」を与えてくれる…共感が止まりません。
高橋よしひろ(漫画家)

作品情報

ストレイ 犬が見た世界
2022年3月18日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

監督:エリザベス・ロー
出演:ゼイティン、ナザール、カルタル(犬たち)ほか
2020年/アメリカ / トルコ語・英語 / 72分 / ビスタ / カラー / PG-12
日本語字幕:岩辺いずみ
原題:STRAY

配給:トランスフォーマー

© 2020 THIS WAS ARGOS, LLC

公式サイト https://transformer.co.jp/m/stray/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事