フランスの名女優ナタリー・バイが主演を務め、ディオール専属クチュリエールが衣装監修した映画『オートクチュール』(3月25日公開)から「ディオールの迷信」を描く本編映像が解禁された。

「ハサミは爆弾じゃない」

本作は、ディオールのアトリエを舞台に、引退を目前に控えたお針子と、移民二世の少女の交流を描く感動作。主演にフランスが誇る名女優ナタリー・バイを迎え、対する少女役には『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』など話題作に出演し、目覚ましい活躍を見せるリナ・クードリ。厳しいオートクチュールの世界で彼女たちが本当に大切なものを手に入れるまでを、監督・脚本のシルヴィー・オハヨンが、繊細かつ深みのある人生ドラマとして描く。

今回解禁された本編映像は、世界最高峰ディオールのアトリエで、見習いのジャド(リナ・クードリ)が手にしていたハサミを床に落としてしまうシーン。

ハサミがガチャリと音を立てて落ちた瞬間、アトリエの職人たちの手がピタリと止まり、顔色が曇る。「ハサミを落とすのは不吉」「そうよ、悪運を招くの」。ただハサミを落としただけなのに、アトリエの空気が一瞬で凍りついたことにびっくりしたジャドは「ハサミは爆弾じゃない」と困惑した顔で反論をする。

しかしエステル(ナタリー・バイ)はすぐ「全員キッチンへ」と指示。ジャドは素直に従い、手に塩を塗られて洗い流すお浄めの儀式を行うことになる。

リナ・クードリに、演じたジャドが自分とは正反対の世界に惹かれたのは何故か、と問うと「知らない世界への好奇心だと思う。慣れない環境にやってきた彼女は、自分の土俵ではないので落ち着きかないけど、それでも新しいものを見て、自分なりの意味を見つけようとします」と語る。

このシーンに関連して、本作のアドバイザーでありディオール1級クチュリエールのジュスティーヌ・ヴィヴィアンに「ディオールのアトリエ内独自の決まり事やジンクスなどはありますか?」と聞いたところ「映画の中のシーンは少し脚色されたものです。ディオール独自の決まり事やジンクスは特にありません」と回答。このシーンは本作中だけのジンクスだという。

『オートクチュール』は3月25日(金) より新宿ピカデリー、HTC有楽町、Bunkamuraル・シネマ他全国公開。

作品情報

オートクチュール
2022年3月25日(金) より新宿ピカデリー、HTC有楽町、Bunkamuraル・シネマ他全国公開

監督・脚本:シルヴィー・オハヨン
出演:ナタリー・バイ『たかが世界の終わり』、リナ・クードリ『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』、パスカル・アルビロ『MISS ミス・フランスになりたい!』、クロード・ペロン『エミリー、パリへ行く』、クロチルド・クロ『パリの家族たち』

2021年|フランス|カラー|シネスコ|5.1ch|100分|原題:Haute Couture|G

配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム

© 2019 - LES FILMS DU 24 - LES PRODUCTIONS DU RENARD - LES PRODUCTIONS JOUROR

公式サイト hautecouture-movie.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事