『ファンタスティック・ビースト』シリーズのジュード・ロウと『ゴーストバスターズ/アフターライフ』のキャリー・クーンが夫婦役を演じ、サンダンス映画祭で受賞歴を持つショーン・ダーキンが監督を務めた『THE NEST』(原題)が邦題『不都合な理想の夫婦』として、4月29日(金)より、kino cinéma横浜みなとみらい、kino cinéma立川髙島屋S.C.館、kino cinéma天神 ほか全国順次公開されることが決定した。

誰もが羨むような理想の夫妻の“不都合”な真実とは?

サンダンス映画祭のプレミア上映で話題を巻き起こし、英国インディペンデント映画賞では6部門にノミネートを果たした本作は“理想の夫妻”の崩壊劇を描く極限の心理スリラー。

1986年。NYで貿易商を営む英国人のローリーは、米国人の妻アリソンと、息子と娘の四人で幸せに暮らしていた。満ち足りた生活を送っているように思えたが、大金を稼ぐ夢を追って、好景気に沸くロンドンへの移住を妻に提案する。かつての上司が経営する商社に舞い戻ったローリーは、その才能を周囲から評価され、復帰を歓迎される。プライベートではロンドン郊外に豪邸を借り、息子を名門校に編入させ、妻には広大な敷地を用意。それはまるで、アメリカン・ドリームを体現した勝者の凱旋のようだった。しかし、ある日、アリソンは馬小屋の工事が進んでいないことに気付く。業者に問い合わせると、支払いが滞っており、更には驚くべきことに新生活のために用意をしていた貯金が底を突いている事を知ってしまうのだった…。

主人公のルーニーを演じたのは『ファンタスティック・ビースト』や『シャーロック・ホームズ』シリーズなどで熱烈な人気を誇るジュード・ロウ。本作では「キャリア史上最高の熱演」と絶賛を浴びている。

その妻アリソン役を演じたキャリー・クーンは、「FARGO/ファーゴ3」でエミー賞にノミネートされ、近年は『ゴーストバスターズ/アフターライフ』などの話題作への出演が続く。

監督は『マーサ、あるいはマーシー・メイ』でサンダンス映画祭の監督賞を受賞したショーン・ダーキン。英米の両国で暮らした体験から、自身で感じた文化的な差異をもとに脚本を手掛けた。

今回解禁となったポスタービジュアルは、社会的成功を求め、ロンドンに移住をしてきた夫婦の姿を映している。二人は横並びではなく、前後に距離を取った状態で佇んでおり、夫のローリーはこれからの生活を想像し、薄っすら微笑んでいるように思えるが、一方の妻アリソンは顔の半分以上が影に隠れ、夫へのどこか疑惑の眼差しを浮かべているように見える。

『夢を追うほど、悪夢になった。』というコピーが示しているように、夫が野望に燃え、夢を追いかければ追いかけるほど、妻との心の距離は遠くなり、やがて絶望の淵に堕ちてしまう事を予感させるようなビジュアルである。誰もが羨むような理想の夫妻の“不都合”な真実とは? 美しくもダークな極上の心理スリラーの誕生だ。

作品情報

不都合な理想の夫婦
2022年4月29日(金)より kino cinéma横浜みなとみらい・立川髙島屋S.C.館・天神 ほか全国順次公開

監督・脚本:ショーン・ダーキン
出演:ジュード・ロウ、キャリー・クーン
2019年|イギリス|英語|107分|カラー|ビスタ|5.1ch|原題:The Nest|字幕翻訳:高山舞子 映倫:R15+
提供:木下グループ

配給:キノシネマ 

©Nest Film Productions Limited/Spectrum Movie Canada Inc. 2019

公式サイト https://movie.kinocinema.jp/works/thenest

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事