日本発の大人気キャラクターであるソニックがハリウッド実写映画化、全米でゲーム原作映画史上最高の興行収入記録を打ち立てるなど大反響を呼んだ『ソニック・ザ・ムービー』の待望の続編 『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』(8月19日公開)の日本版ポスターが解禁された。

監督「ファンのみんながアッと驚くものをしっかりと用意している」

お馴染みの黄金のリングから、いまにも飛び出さんばかりに姿を見せているのは、本物のヒーローになるため超音速のハイスピードで勝手に街を守り続けるソニック、超頭脳を活かしてソニックの心強い味方となるテイルス、超腕力をならし鋭い眼光をむける“最強の敵”ナックルズ!

「最強が、激突する。」のコピーにも相応しく、それぞれの個性と愛らしさが際立つポージングをキメている後ろには、前作で遠いキノコの星へ飛ばされたはずの超悪党、天才科学者ドクター・ロボトニックがソニックたちに立ちはだかる。

宇宙最速のスピードを誇るソニックと、“銀河系で最も危険”とも謳われる最強のパワーを誇るナックルズが、本作のカギを握るアイテム・史上最強の破壊力を持つ【マスターエメラルド】をめぐってぶつかりあう瞬間も映し出されており、地球の命運をかけた、最速&最大のバトルの火ぶたが切られる、ワクワク感満載の1枚だ。

圧倒的な支持を集めた前作から変わらず、本作でもメガホンをとるジェフ・ファウラー監督は、「(先日予告編で多くの情報が解禁されたことについて)予告編はまだ(本編の)楽しみの半分といったところです。ファンのみんなが、絶対に喜ぶと分かっていることを秘密にし続けるのは心苦しいけど、もし自分が劇場で観るなら、やはりサプライズが嬉しいと思います。ファンのみんながアッと驚くものをしっかりと用意しているので、映画館の大きなスクリーンで初めて、友人たちと歓声を上げながら、予告編だけでは味わえないサプライズを体験して欲しいです」と、さらなるビッグサプライズまでも匂わせている。

『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』 新キャラクター

テイルス
あこがれのソニックに会うため、地球にやってきた。
発明が得意で、ハイテク・メカでソニックをサポートする。
回転させれば空も飛べる、モフモフしっぽがチャームポイント。

ナックルズ
自慢のパワーで敵をねじふせ、マスターエメラルドを探しさまよう最強の戦士。
ドクター・ロボトニックと協力し、ソニックを追い詰める。
こぶしから繰り出す、破壊力バツグンのパンチが最大の武器。

作品情報

ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ
2022年8月19日(金)全国公開

STORY
平穏な生活が戻ったグリーンヒルズで夜ごと勝手に街を守り続けているソニックの願いはただひとつ―「本当のヒーローになりたい!」。そんな折、再び世界に暗雲が立ち込める。ドクター・ロボトニックが銀河系で最も危険な戦士ナックルズを引き連れて帰ってきたのだった。彼らは、史上最強の破壊力を持つ【マスターエメラルド】の在処を探しており、なぜかソニックを執拗に狙うのだった。自慢のスピードで立ち向かうソニックだが、ナックルズの圧倒的パワーでねじ伏せられ、まるで歯が立たない。間一髪のところで味方のテイルスに救出されたソニックは、悪の手に落ちる前にマスターエメラルドを探す旅に出ることを決意する。ソニック史上最大の危機を前に、世界の未来がソニックとテイルスに託された!

■監督:ジェフ・ファウラー(『ソニック・ザ・ムービー』)
■脚本:パット・ケイシー、ジョシュ・ミラー、ジョン・ウィッティントン
■ストーリー:パット・ケイシー、ジョシュ・ミラー
■製作:ニール・H・モリッツ(『ワイルド・スピード』シリーズ)、トビー・アッシャー、中原徹、奥野仁
■製作総指揮:里見治紀、杉野行雄、内海州史、ナン・モラレス、ティム・ミラー(『デッドプール』)
■出演:ジェームズ・マースデン、ベン・シュワルツ、ティカ・サンプター、ナターシャ・ロスウェル、アダム・パリー、シェマー・ムーア、コリーン・オショーネシー withイドリス・エルバ and ジム・キャリー、
■日本語吹替版:中川大志、山寺宏一、木村昴、広橋涼、井上麻里奈、中村悠一
■全米公開:2022年4月8日予定 ■原題:Sonic the Hedgehog 2

配給:東和ピクチャーズ

©2022 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC.

公式サイト sonic-movie.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事