2021年カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品、ジャック・オディアール監督×セリーヌ・シアマ脚本の話題作『パリ13区』(4月22日公開)の予告編が解禁された。

「彼女に夢中でおかしくなりそうだ」

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞『ディーパンの闘い』、グランプリ受賞『預言者』など数々の名作で世を驚かせてきた、今年70歳を迎える鬼才ジャック・オディアール監督。待望の最新作では、『燃ゆる女の肖像』で一躍世界のトップ監督となった現在43歳のセリーヌ・シアマと共同で脚本を手がけ、“新しいパリ”の物語を、洗練されたモノクロの映像美で大胆に描き出した。2021年第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でお披露目されるや、フランス映画界屈指の世代を超えたビッグコラボが大きな注目を集め、絶賛を浴びた。また、第47回セザール賞では、撮影賞、脚色賞、音楽賞、有望若手女優賞、有望若手男優賞の5部門に選出された。

今回解禁された予告編では、フレンチ・エレクトロニカ・シーンの鬼才、Roneの疾走感あふれる音楽とともに、パリ13区で暮らす4人の若者の姿が次々に映し出されていく。

自分とそっくりなポルノ女優と画面越しに対面し、驚いた表情を見せるノラを演じるのは、『燃ゆる女の肖像』で数多くの賞に輝いたノエミ・メルラン。それぞれの場所でもがきながらも懸命に生きる、“大人になれない大人たちの恋愛物語”の行方とは——。美しくも刺激的な描写の数々に息つく暇もなく、怒涛の展開に圧倒されるとともに、彼らが物語の中でどのように交差していくのか、想像と期待が膨らむ予告編となっている。

あわせて新場面写真も解禁。友人と広場を歩くエミリーや、机に向かうカミーユの姿など、写真からはパリ13区で生きる彼らの日々の様子が切り取られている。

なお明日、3月18日(金)午前0時より『パリ13区』ムビチケ前売り券(カード・オンライン)の販売がスタート。ムビチケカードの購入者には特典として本作のオリジナル・ポストカードがプレゼントされる。先着・数量限定。

(※ムビチケカード1枚につき【オリジナル・ポストカード2枚セット】はA・Bどちらか1セットになります。お選びいただけません)

作品情報

パリ13区
2022年4月22日(金)、新宿ピカデリーほかにて全国公開

監督:ジャック・オディアール 『君と歩く世界』『ディーパンの闘い』『ゴールデン・リバー』
脚本:ジャック・オディアール、セリーヌ・シアマ『燃ゆる女の肖像』、レア・ミシウス
出演:ルーシー・チャン、マキタ・サンバ、ノエミ・メルラン『燃ゆる女の肖像』、ジェニー・ベス
原作:「アンバー・スウィート」「キリング・アンド・ダイング」「バカンスはハワイへ」エイドリアン・トミネ著(『キリング・アンド・ダイング』『サマーブロンド』収録:国書刊行会)

2021年/フランス/仏語・中国語/105分/モノクロ・カラー/4K 1.85ビスタ/5.1ch/原題Les Olympiades 英題:Paris, 13th District/日本語字幕:丸山垂穂/R18+

提供:松竹、ロングライド 配給:ロングライド

©︎ShannaBesson ©PAGE 114 - France 2 Cinéma

公式サイト https://longride.jp/paris13/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事