本年度のアカデミー賞®で作品賞、監督賞、脚本賞にノミネートされ、7月1日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて公開される映画『リコリス・ピザ』の特報予告が解禁された。

映像にはショーン・ペン、トム・ウェイツ、ブラッドリー・クーパーも登場

トム・クルーズ主演『マグノリア』でベルリン国際映画祭金熊賞、アダム・サンドラー主演『パンチドランク・ラブ』でカンヌ、ホアキン・フェニックス主演『ザ・マスター』でヴェネチア、ダニエル・デイ=ルイス主演『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』でベルリンと世界三大映画祭すべてで監督賞を受賞し、常に世界中の映画ファンが新作を心待ちにしている天才監督ポール・トーマス・アンダーソン。その最新作が、現在、全米の映画賞を席巻し、アカデミー賞®作品賞、監督賞、脚本賞の3部門にノミネートされている『リコリス・ピザ』。オリジナル脚本の完成度の高さ、細かな脇役に至るまで行き届いた演出が高く評価されている。

1970年代のハリウッド近郊、サンフェルナンド・バレーを舞台に、カメラマンアシスタントのアラナと高校生ゲイリーの恋模様を描き出す。主演は三姉妹バンドハイムの三女であるアラナ・ハイムとポール・トーマス・アンダーソン監督の盟友フィリップ・シーモア・ホフマンの息子であるクーパー・ホフマン。ともに本作で鮮烈な映画デビューを飾り、主演女優賞やブレイクスルー賞を総なめに。そのほか、11月の全米公開から現在に至るまで全米の映画賞を席巻し、今月13日(現地時間)には英国アカデミー賞脚本賞とクリティクス・チョイス・アワードで最優秀コメディ映画賞を獲得するなど、受賞を重ね続けている。

このたび解禁された30秒特報は、主人公ふたりの出会いから始まる。年上の女性アラナ(アラナ・ハイム)に一目惚れした高校生ゲイリー(クーパー・ホフマン)が「運命の出会いだ」と告白するも、アラナは「やめてよ」とすげなく受け流す。

しかし、少しずつふたりの距離が近づき、共に走り、笑い、反発しあっていく。「思い通りにならない」とゲイリーを睨みつけるときもあれば、妖艶な流し目でゲイリーを見つめるアラナの姿も。指が少しだけ触れあいそうになるシルエットや「君を忘れるわけない。君も僕を忘れない」と自分の恋心をアラナに伝えるゲイリーの言葉に胸をキュンとさせられる。

映画デビューの主人公たちの周辺にショーン・ペン、トム・ウェイツ、ブラッドリー・クーパーが脇役としてちらっとだけ映り込むのも映画ファンにはたまらない特報となっている。

『リコリス・ピザ』は7月1日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

作品情報

リコリス・ピザ
2022年7月1日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

『リコリス・ピザ』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ) | Amazon

監督・脚本・撮影:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:アラナ・ハイム、クーパー・ホフマン、ショーン・ペン、トム・ウェイツ、ブラッドリー・クーパー、ベニー・サフディ
原題:Licorice Pizza

配給:ビターズ・エンド、パルコ ユニバーサル映画

© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

公式サイト licorice-pizza.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事