映画だけでなく美術のフィールドでも世界的に活躍し、最新作『MEMORIA メモリア』が⽇本でも公開中のタイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督の代表作を上映する特集上映が、4⽉9⽇(⼟)よりシアター・イメージフォーラム(渋⾕)にて2週間限定で開催、全国で順次上映。このたびアピチャッポン監督より⽇本の観客へのメッセージ動画が到着した。

「僕がタイで撮った映画たち、記憶に関する映画たちが、皆様との共有体験を祝福するでしょう」

2010 年、『ブンミおじさんの森』でカンヌ国際映画祭パルムドール(最⾼賞)を受賞したタイの天才、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督。南⽶コロンビアで撮影し、昨年のカンヌ国際映画祭で審査員賞に輝いた新作『MEMORIA メモリア』が現在⽇本でも⼤ヒット公開中。

そんなアピチャッポン監督のタイ時代の傑作が『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ 2022』として、4⽉9⽇(⼟)~4⽉22⽇(⾦)シアター・イメージフォーラムにて2週間限定上映される(全国順次上映)。

本特集は、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した不朽の名作『ブンミおじさんの森』(2010)、監督の現在につながる創造性が存分に発揮されているデビュー作『真昼の不思議な物体』(2000)、「記憶」というテーマが最新作にも重なる傑作『光りの墓』(2015)のタイ時代の代表作 3 本と、特別上映となる『アピチャッポン本⼈が選ぶ短編集』で構成。故郷タイ東北部の森に覚醒された⾳と映像が映画を拡張させていく、アピチャッポン監督の才能をあらためて全⾝で感じることのできる貴重な機会となる。

このたび特集上映にあわせ、アピチャッポン監督からメッセージ動画が到着。特任教授をつとめる多摩美術⼤学⼤学院でワークショップ講義を⾏うために来⽇した監督。本特集のため特別に動画メッセージを収録した。

動画の中で監督は、タイ時代の作品が⽇本で特集上映されることを喜び、“映画館で映画を観る”という体験について、「僕がタイで撮った映画たち、記憶に関する映画たちが、皆様との共有体験を祝福するでしょう」とコメントしている。

また特集上映期間中、劇場では『ブンミおじさんの森』はじめ各作品の上映前に監督⾃⾝によるコメント動画の上映が決定(短編集のコメントはなし)。監督があらためてタイ時代の作品について語る貴重な最新映像となる。

アピチャッポン監督メッセージ全⽂

こんにちは。アピチャッポン・ウィーラセタクンです。
『MEMORIA メモリア』公開に合わせ、
僕のタイ時代の作品の特集上映に皆さんをお招きできて光栄です。
映画館で映画を上映することは、僕にとって⼤事です。
映画がそれを求めているからです。
⼤画⾯で観る体験。
暗闇の中で他の⼈とともに旅をする。
それを実現し、映画そのものを祝福することは、今とても⼤切だと思います。
この特集上映に感謝しています。
僕がタイで撮った映画たち、記憶に関する映画たちが、皆様との共有体験を祝福するでしょう。
ぜひ映画館にお越しください。
ありがとう。

当初上映作品『世紀の光』劇場上映中⽌のお詫びと『アピチャッポン本⼈が選ぶ短編集』特別上映決定のお知らせ

当初、上映予定だった『世紀の光』は事情により上映中⽌となりました。シアター・イメージフォーラムでは『世紀の光』上映予定枠にて『アピチャッポン本⼈が選ぶ短編集』を特別上映します。前売券もご使⽤いただけます。開催直前のお知らせとなり、誠に申し訳ありません。この度の上映作品の変更につきまして⼼よりお詫び申し上げます。

アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2022上映作品

『ブンミおじさんの森』
2010|イギリス、タイ、ドイツ、フランス、スペイン|カラー|114分
カンヌ国際映画祭パルムドール|カイエ・デュ・シネマ ベスト1ほか
腎臓の病に冒され、死を間近にしたブンミは、妻の妹ジェンをタイ東北部の自分の農園に呼び寄せる。そこに19年前に亡くなった妻が現れ、数年前に行方不明になった息子も姿を変えて現れる。やがて、ブンミは愛するものたちとともに森に入っていく…。美しく斬新なイマジネーションで世界に驚きを与え、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したアピチャッポン不朽の名作。

『ブンミおじさんの森』
©Kick the Machine Films

『真昼の不思議な物体』
2000|タイ|モノクロ|83分
山形国際ドキュメンタリー映画祭インターナショナル・コンペティション 最優秀&NETPAC特別賞受賞|全州国際映画祭グランプリ受賞
まさに世界を驚かせた記念すべきデビュー作。タイ北部の村で行商人の女性が、撮影クルーに促され、一つの架空の物語を語り始める。その続きを象使いの少年たち、伝統演劇の劇団員たちなど、様々な人々がリレー形式で即興的に語り継ぎ、物語は二転、三転しながら思わぬ方向に進んでいく…。驚くほどの自由なイマジネーションと同時に緻密に考えられた構成。この作家の現在につながる類まれな創造性が全編を通して発揮されている重要作。

『真昼の不思議な物体』
©Kick the Machine Films

『光りの墓』
2015年|タイ、イギリス、フランス、ドイツ、マレーシア|カラー|122分
カンヌ国際映画祭ある視点部門公式出品|アジア太平洋映画賞最優秀作品賞ほか
タイで撮影された最後の長編映画。タイ東北部の町。かつて学校だった病院。原因不明の“眠り病”にかかった兵士たち。ある日、病院を訪れたジェンは前世や過去の記憶を見る力を持った若い女性ケンと知り合い、眠り続ける兵士イットの面倒を見始める…。最新作『MEMORIA メモリア』にも共通する「記憶」というテーマを、アピチャッポン的というしかない手法で描き、プレミアとなったカンヌ映画祭ではアピチャッポンの新たなステージと絶賛された。怒りや悲しみを色濃くしながらも、ユーモアと優しさが胸を打つ感動作。

『光りの墓』
© Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)

「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2022」特別企画
『アピチャッポン本人が選ぶ短編集』特別上映
上映作品(合計112分)
『国歌(The Anthem)』2006年/5’00 *
『La Punta』2013年/1’ 33”
『M Hotel』2011年/11’ 50”
『エメラルド(Morakot )』2007年/11’00 *
『Mobile Men』2008年/3’ 15” *
『Cactus River』2009年/10’ 09”
『Footprints』2014年/5’ 50”
『Worldly Desires』2005年/42’ 32” *
『燃えている(Ablaze)』 2016年/4’46”
『ブンミおじさんへの手紙(A Letter to Uncle Boonmee)』2009年/17’ 40”

タイ語(一部台詞なし)・英語/日本語字幕付
©️ Kick the Machine Films

亡霊、神話、フォークロア、寛容と不寛容など、その作家的モチーフが大胆に表現されるフィールドとなっている、創意と刺激に満ちた短編作品を、アピチャッポン監督自身のセレクションによる構成で特別上映。

短編作品詳細情報:https://t.co/YCS6IQsWQY
素材提供:Kick the Machine 協力:トモ・スズキ・ジャパン、White Light Post

開催情報

アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ 2022

日程:4/9(土)~4/22(金)
会場:シアター・イメージフォーラム(〒150-0002 渋谷区渋谷 2−10−2)
上映作品:『ブンミおじさんの森』、『真昼の不思議な物体』、『光りの墓』、特別上映『アピチャッポン本人が選ぶ短編集』
*上映スケジュール&作品情報はこちら→ https://note.com/moviola/n/n62343791ba90
*公式サイト→ http://www.moviola.jp/api/
当日料金:1,500 円均一 リピーター割引:1,100 円

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事