先日の第94回アカデミー賞授賞式で、プレゼンターのクリス・ロックに平手打ちをした行為で問題視されていたウィル・スミスに対して、映画芸術科学アカデミー協会は理事会の開催を予定より早めて4月8日に行い、処分の内容を発表した。

"Bright Japan Premiere Red Carpet: Will Smith" by Dick Thomas Johnson is marked with CC BY 2.0.

協会の発表によれば、スミスには今後10年間アカデミー賞授賞式を含むアカデミー賞関連のイベントに出席を禁ずるというもの。今回『ドリームプラン』で彼が受賞したオスカー像が剝奪されることはない模様。スミスはこれに先駆け協会の会員を辞任しており、いかなる処分も受け入れると声明を出している。

スミスはロックが壇上で夫人のジェイダ・ピンケット・スミスの頭髪についてジョークを言ったことについて激怒し、今回の行動に出たものだが、ロックに対して協会は、冷静な態度を崩さなかったとして感謝の言葉を述べている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事