ザ・ローリング・ストーンズの記念碑的なドキュメンタリー映画2作品『ロックン・ロール・サーカス』『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』の公開日が8月5日(金)に決定、Bunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開される。あわせて予告編、場面写真が解禁された。

『ロックン・ロール・サーカス』
『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』の映像では「サティスファクション」演奏シーンも

7月12日に結成60周年を迎える「世界で最も偉大なロックン・ロール・バンド」ザ・ローリング・ストーンズ。その祝福と同時に、昨年8月24日に80歳で亡くなった不動のドラマー、チャーリー・ワッツの追悼として公開されるのが、ストーンズ自ら企画したということでも記念碑的な2作品『ロックン・ロール・サーカス』『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』。

『ロックン・ロール・サーカス』は、1968年に撮影されながら諸事情で1996年までの28年間封印されたままだった伝説的作品で今回が日本初劇場公開。96年版から画質音質が向上した2019年制作の4Kレストア版で上映される。

『ロックン・ロール・サーカス』
『ロックン・ロール・サーカス』

チャーリー・ワッツの名を冠した『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』は、1965年のアイルランド・ツアーを追った、ストーンズを初めて記録したフィルム。未編集未発表だった映像を加え、90,000を超えるフレームを手作業で修正再編集した2012年2Kレストア版の正式な劇場公開は日本初となる。

『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』
『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』
『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』

今回公開された予告編は、まず『ロックン・ロール・サーカス』の映像から始まり、ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズらがこの時だけのために組んだバンド、ザ・ダーティ・マックの演奏場面や、〈悪魔を憐れむ歌〉におけるミック・ジャガー圧巻のパフォーマンスなどをフィーチャー。

続いて登場する『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』の映像では、全英全米NO1になったばかりの〈サティスファクション〉を中心とした演奏シーンやミックとキースがくつろいで曲作りをするシーンなどが盛り込まれている。

また同時に解禁されたスチールではジョン・レノンとミック・ジャガーが談笑するシーンや、チャーリー・ワッツのにこやかな姿などが切り取られている。

作品情報

ロックン・ロール・サーカス 4Kレストア版
チャーリー・イズ・マイ・ダーリン 2Kレストア版
2022年8月5日(金) Bunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開

『ロックン・ロール・サーカス 4Kレストア版』
監督:マイケル・リンゼイ=ホッグ
出演:ザ・ローリング・ストーンズ、ジョン・レノン、エリック・クラプトン、ザ・フー、マリアンヌ・フェイスフル、オノ・ヨーコ、ジェスロ・タル、タジ・マハール他
字幕:林かんな 
1968-1996-2019年/イギリス/66分/英題:THE ROLLING STONES ROCK AND ROLL CIRCUS
©2019 ABKCO Films
「ロックン・ロールとサーカスの融合」を目指してローリング・ストーンズが企画・製作し彼らがホスト役も務めたライヴイベントの撮影は、スウィンギング・ロンドンの真っただ中1968年の12月の2日間で行われた。ストーンズは最高傑作アルバム『ベガーズ・バンケット』を出したばかりで、本作における〈悪魔を憐れむ歌〉のジャガーのパフォーマンスはバンド史上でも傑出している。ジョン・レノンがエリック・クラプトン、キース・リチャーズらと組んだ、この時だけのためのバンド、ザ・ダーティ・マックは、レノンがビートルズ以外のメンバーと組んで初めて行ったライヴ。また、ストーンズのリーダーだったブライアン・ジョーンズはこの撮影の半年後に27歳で亡くなり、これがストーンズとしての最後のパフォーマンスとなった。監督は、ビートルズのドキュメンタリー映画『レット・イット・ビー』のマイケル・リンゼイ=ホッグ。

『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン 2Kレストア版』
監督:ピーター・ホワイトヘッド
出演:ザ・ローリング・ストーンズ
字幕:林かんな
1965-2012年/イギリス/63分/英題:THE ROLLING STONES CHARLIE IS MY DARLING IRELAND 1965
©2012 Because Entertainment, Inc/ABKCO Films
1965年9月3~4日のアイルランド・ツアーを追ったドキュメンタリーで、ストーンズ初の公式フィルム。2011年に新たに発掘された未編集未発表のステージ映像など(全体の半分以上)を加えて再編集された2012年版が本作。〈サティスファクション〉で全英全米No.1を獲得し、勢いにのる若きストーンズの熱狂のステージとともに、彼らが世界的なスーパースターとなる直前のツアー中の飾らないオフショットやインタビューなどが収められている。同じ65年にボブ・ディランのイギリス・ツアーを追いかけたD.A.ペネベイカー監督の『ドント・ルック・バック』と並ぶ、時代を画した傑作ライヴ・ドキュメンタリー。

応援 : JOURNAL STANDARD / OPAQUE.CLIP
配給:オンリー・ハーツ

公式サイト http://circus-charlie.onlyhearts.co.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事