映画『それでも夜は明ける』の俊才スティーヴ・マックイーン監督が描く、5本の“映画” から成るアンソロジー・シリーズ『スモール・アックス』の第4話「アレックス・ウィートル」が本日4月19日(火)より「スターチャンネルEX」にて配信スタート。このたび予告編映像、舞台裏映像が公開された。

「皆さんにも、僕自身の物語も重要だと感じてほしい」

「スターチャンネルEX」では、アカデミー賞作品賞を受賞した映画『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックイーン監督が、初めて挑んだTVシリーズ『スモール・アックス』(全5話)を独占配信中。“BLM(ブラック・ライブズ・マター)”の叫びが世界を揺るがす今、絶対に見逃せない、鋭い社会的メッセージとエンタテインメント性を備えた一級作品だ。

このたび配信スタートした第4話『アレックス・ウィートル』はイギリスの児童文学賞“ガーディアン賞”の受賞作家アレックス・ウィートルの半生を描いた実話。両親を知らず、15歳まで白人系養護施設で育ったアレックス。施設を出て初めて自らのルーツを知った彼は、1981年、黒人と警察が衝突したブリクストン暴動に関与して刑務所に収監される。そこで彼は、同房の一人の受刑囚との出会いを機に、自らの人生を振り返り、大切なものを学んでいく…。

栄誉ある文学賞の数々を受賞した小説家アレックス・ウィートルが、“ライターズ・ルーム”と呼ばれる脚本家用の会議室で自身の過去について語ったことを端緒として製作が開始。スティーヴ・マックイーン監督はこの物語が本アンソロジーにとって必要不可欠なものであると気づき、アレックスと会合を開く。「彼の進化を描き出すという課題は簡単なものではありませんでしたが、いかなる段階においてもアレックスがそばにいて私たちを導いてくれたので大いに助かりました。アレックスには、これまで誰にも打ち明けたことがなかったり、長らく思い出すこともなかったりした出来事や状況が数多くありました。彼はそれらを回想し、新たな視点から私たちに話してくれたのです」と監督は語る。

このたび解禁された舞台裏映像には、アレックス・ウィートル本人のインタビューが収録されている。「モニター越しに見ていたら昔を思い出しました。(人々の)怒りと激高に、恐怖でおののいた」とリアリティ溢れるブリクストン暴動の撮影風景を振り返る。また、スティーヴ・マックイーン監督について、「スティーヴは黒人の物語は社会に重要だと思っている。だから皆さんにも、僕自身の物語も重要だと感じてほしい」と語っている。

作品情報

スモール・アックス
(全5話)

<配信>「スターチャンネルEX」
【字幕版】第4話「アレックス・ウィートル」4月19日(火)より配信開始
作品ページ https://ex.star-ch.jp/special_drama/W7iMz

<放送>BS10 スターチャンネル
【STAR1 字幕版】 4月19日(火)より 毎週火曜23:00 ほか
公式ページ https://www.star-ch.jp/drama/smallaxe

【監督・脚本・製作総指揮】スティーヴ・マックイーン(『それでも夜は明ける』)
【製作総指揮】トレイシー・スコフィールド(『堕天使のパスポート』)、ローズ・ガーネット(『ジュディ虹の彼方に』)ほか
【出演】ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト、マラカイ・カービー、ショーン・パークス、ナオミ・アッキーほか

© McQueen Limited

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事