『アリスのままで』のジュリアン・ムーアと『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデルという2大オスカー女優が伝説のフェミニストを演じる『グロリアス 世界を動かした女たち』(5月13日公開)の予告編が解禁された。

女性の地位向上のために立ち向かった“今の私たちに繋がる”彼女の勇姿を感じることのできる予告

本作は、女性解放運動のパイオニアであるグロリア・スタイネムと活動家の仲間たちとの物語。若き日のグロリアを演じたのは、『リリーのすべて』でアカデミー賞®助演女優賞に輝いたアリシア・ヴィキャンデル。40代以降のバトンを受け継いだのが、『アリスのままで』で同賞の主演女優賞を受賞したジュリアン・ムーア。世代を超えた名女優の二人が、波乱に満ちた彼女の生涯をリレー形式で演じ切った。監督には『フリーダ』のジュリー・テイモア。自由奔放で解放的なイマジネーションを駆使してドラマを描き尽くした。

このたび解禁となった予告編は、バスから颯爽と降りてきた主人公のグロリア・スタイネム(ジュリアン・ムーア)が、「あなたがグロリア・スタイネム?」と女性から声を掛けられ、「そうよ」と答えるシーンから始まる。

場面は移り変わり、車窓から外を眺める女性たち。若き日のグロリア(アリシア・ヴィキャンデル)は「私の人生は旅をする事で変わった」と語る。これは「旅は一番の教育だ」という父の教えからであった。この言葉をきっかけにインドへ2年間滞在をした彼女は、そこで驚くべき体験をする。この出来事を記事として書きたいと出版社を訪ねるが、「ファッションの記事を書いてくれ」と言い返される。

女性という理由だけで希望する記事を書かせてくれない事を知ったグロリアは、バニーガールの恰好でお酒を提供する“プレイボーイ・クラブ”に極秘で潜入取材をする事に。そこで女性がモノとして扱われている裏側を暴露すると大きな反響を得るが、編集者からは「次はポルノ業界に潜入か?」とセクハラ発言をされる。男性優位の社会に嫌気が差したグロリアは、トレードマークとなる大きなサングラスを身に付けて、女性解放運動の活動に参加していくのだった。

そんな彼女の数奇な生涯を、ジュリアン・ムーアとアリシア・ヴィキャンデルの2人のアカデミー賞®女優で描いた本作。女性への性差別の問題が叫ばれている昨今において、女性の地位向上のために立ち向かった“今の私たちに繋がる”彼女の勇姿を感じることのできる予告となっている。

『グロリアス 世界を動かした女たち』は5月13日(金)より kino cinéma 横浜みなとみらい・立川髙島屋 S.C.館・天神 ほか全国順次公開。

作品情報

グロリアス 世界を動かした女たち
2022年5月13日(金)より kino cinéma 横浜みなとみらい・立川髙島屋 S.C.館・天神 ほか全国順次公開

STORY
大学生でインドに留学をしたグロリアは、男性から虐げられている女性たちの悲惨な経験を聞き、帰国後はジャーナリストとして働き始める。だが、社会的なテーマを希望しても、女だからとファッションや恋愛のコラムしか任されない。そこでグロリアは高級クラブの「プレイボーイ・クラブ」に自らバニーガールとして潜入。その内幕を記事にして暴き、女性を商品として売り物にする実態を告発する。更にはTVの対談番組に出演するなど、徐々に女性解放運動の活動家として知られ始める。40代を迎えた頃は仲間たちと共に女性主体の雑誌「Ms.」を創刊する。これは、未婚女性=Missや既婚女性=Mrs.とは別に、どんな女性にも使える新しい敬称=Ms.として、全米各地の女性に受け入れられていく──。

監督・脚本:ジュリー・テイモア
出演:ジュリアン・ムーア、アリシア・ヴィキャンデル、ティモシー・ハットン、ジャネール・モネイ、ベット・ミドラー
2020年|アメリカ|英語|147分|カラー|ビスタ|5.1ch|原題:The Glorias|字幕翻訳:髙橋彩|G
提供:木下グループ 配給:キノシネマ

© 2020 The Glorias, LLC

公式サイト https://movie.kinocinema.jp/works/theglorias

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事