巨匠ロマン・ポランスキー監督が19世紀のフランスで起きた歴史的冤罪事件“ドレフュス事件”を映画化した『オフィサー・アンド・スパイ』(6月3日公開)の新場面写真4点が解禁された。仏の名優ジャン・デュジャルダンが挑む、命がけで巨大権力に立ち向かった男・ピカール中佐の姿が収められている。

ヒゲの似合うダンディな佇まいは若き日のショーン・コネリーを彷彿とさせる

本作は、歴史的冤罪事件“ドレフュス事件”を基に、巨大権力と闘った男の不屈の信念と壮絶な逆転劇を描く歴史サスペンス。ドイツに機密を漏洩したスパイ容疑で終身刑となったユダヤ人大尉ドレフュス。彼の無実を示す衝撃の証拠を発見した対敵情報活動率いるピカール中佐が、スキャンダルを恐れ証拠の捏造や文書の改竄などあらゆる手で隠蔽をもくろむ国家権力に抗いながら真実と正義を追い求める姿を描く。

ドレフュスの元教官で、防諜の責任者ジョルジュ・ピカール中佐を演じるのは、オスカー俳優ジャン・デュジャルダン。1972年6月19日、フランス出身の俳優の49歳。スタンダップ・コメディアンとして名声を得た後、数作のテレビ・映画出演を果たし、第19回東京国際映画祭で上映されサクラグランプリに輝いた『OSS117 私を愛したカフェオーレ』(06・未)の主役でセザール賞主演男優賞にノミネート。『アーティスト』(11)では、カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞、アカデミー賞主演男優賞など世界中の映画賞を総なめにし、高い評価を得た。その後も、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13)、『ミケランジェロ・プロジェクト』(14)など世界的に活躍、ヒゲの似合うダンディな佇まいは若き日のショーン・コネリーを彷彿とさせ、大人の色気と気品を併せ持つ稀有な国際俳優の一人だ。

今回、デュジャルダンが演じるのは、対敵情報活動を率いるジョルジュ・ピカール中佐。スパイ容疑で投獄されたドレフュスの無罪を証拠づける真実を知り、もみ消しを図る巨大権力へと一人立ち向かう。デュジャルダンは自身が演じた役柄について、「私は彼の役割は知りませんでした。事件の間、ピカールは軍への忠誠心と真実の狭間に立たされます。当時のフランスは、カトリック信仰と反ユダヤ感情が支配的で、国は権力を手放すつもりはなく、軍隊が国の中心的地位を担っていました。ピカールは道徳的な良心と任務の義務を背負っていました。また、疑惑に打ち勝ち、真実のために自分のキャリアを犠牲にする勇敢さも持ち合わせていたのです。これまでにもドラマチックな役柄を演じてきましたが、このキャラクターは私に役者としての濃密さと機敏を与えてくれました」と語る。

このたび解禁された場面写真では、ピカールが単眼鏡を覗く姿や、木陰で読書する場面などが切り取られている。軍の組織的な隠蔽工作に虐げられながらも、不屈の信念を燃やし、真実と正義を追い求めた男ピカール。ルイ・ガレル、エマニュエル・セニエら超豪華キャストの競演でおくる命がけの逆転劇を描いた本作。キャリアを投げ打ってでも、大義のために戦った男の生き様をその目で確かめてみよう。

『オフィサー・アンド・スパイ』は6月3日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国公開。

作品情報

オフィサー・アンド・スパイ
2022年6月3日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国公開

STORY
1894年、フランス。ユダヤ系の陸軍大尉ドレフュスが、ドイツに軍事機密を流したスパイ容疑で終身刑を宣告される。ところが対敵情報活動を率いるピカール中佐は、ドレフュスの無実を示す衝撃的な証拠を発見。上官に対処を迫るが、国家的なスキャンダルを恐れ、隠蔽をもくろむ上層部に左遷を命じられてしまう。全て失っても尚、ドレフュスの再審を願うピカールは己の信念に従い、作家のゾラらに支援を求める。しかし、行く手には腐敗した権力や反ユダヤ勢力との過酷な闘いが待ち受けていた……。

監督:ロマン・ポランスキー 脚本:ロバート・ハリス、ロマン・ポランスキー 原作:ロバート・ハリス「An Officer and a Spy」
出演:ジャン・デュジャルダン、ルイ・ガレル、エマニュエル・セニエ、グレゴリー・ガドゥボワ、メルヴィル・プポー、マチュー・アマルリック他
2019年/フランス・イタリア/仏語/131分/4K 1.85ビスタ/カラー/5.1ch/原題:J’accuse/日本語字幕:丸山垂穂 字幕監修:内田樹
提供:アスミック・エース、ニューセレクト、ロングライド

配給:ロングライド

©️ Guy Ferrandis-Tous droits réservés
©️ 2019-LÉGENDAIRE-R.P.PRODUCTIONS-GAUMONT-FRANCE2CINÉMA-FRANCE3CINÉMA-ELISEO CINÉMA-RAICINÉMA

公式サイト longride.jp/officer-spy/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事