世界的な法医学者&刑事がソウルに潜む巨大な陰謀に挑むアクション・サスペンス映画『バニシング:未解決事件』がいよいよ今週末5月13日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国公開。このたび、本作で法医学者を演じるオルガ・キュリレンコのインタビュー映像が到着した。

「最大の困難は撮影が2020年だったこと」

本作はNetflixオリジナルシリーズ「賢い医師生活」『ニューイヤー・ブルース』『スティール・レイン』など話題作への出演が続く、韓国で最も旬な俳優ユ・ヨンソクと、国際派俳優オルガ・キュリレンコの共演作。ソウルで発生したある怪死事件をめぐり、世界的な法医学者&刑事がソウルに潜む巨大な陰謀に挑んでいく。監督は『譜めくりの女』のドゥニ・デルクール。『チェイサー』『殺人の追憶』他、映画史に燦然と輝く韓国スリラー/ノワールに影響を受けたと語る、片時も目が離せない、息を呑む韓仏合同作品だ。

今回到着したインタビュー映像では、『007/慰めの報酬』のカミーユ役やトム・クルーズと共演した『オブリビオン』、『ブラック・ウィドウ』のタスクマスター役など、世界で活躍するオルガ・キュリレンコが本作の見どころや、演じるアリスについて語っている。

韓仏合同制作映画となる本作について「脚本がとても面白かったし、臓器売買という、これまで経験のない重大なテーマにも魅かれました」と参加を決めた点を語るキュリレンコ。また、演じるアリスの法医学者という役柄も気に入っていたそうで、「子どものころは医師になりたいと思っていた」という告白も。医学への憧れは未だ消えないそうで、キャリア初の医師役・アリスとして手術や医療行為をすることを心から楽しんだ様子。

この映画ならではの新たな挑戦については、「まずは韓国での撮影がチャレンジでした」とのこと。今回が初めての渡韓だったそうで、当初は言葉の点でも苦労があったそう。しかし、「最大の困難は撮影が2020年だったこと」と語る。新型コロナウイルスの影響で、入国後2週間の隔離期間があったことで、身動きの取れない時間を過ごしていたそう。「ただそのおかげで、のちの撮影がとても楽しかった」と語る。

また、タッグを組む刑事ジノを演じたユ・ヨンソクとの印象深いシーンについては、橋の上でお互いの過去を話し合うシーンをチョイス。「緊迫感のあるシーンですが、感動的でもあります。あの瞬間に二人の距離が近くなり、特別な絆が生まれます」と述べる。また、エンディングもお気に入りとのこと。こちらは本編で確認してみよう。

最後に日本の観客に向けたメッセージとして「この映画はスリラー、アクション、ロマンスも含めた多彩な要素が、複雑に絡み合って進みます。楽しんでくれたら嬉しいです」と締めくくった。

医師、そして法医学者として高い見識と技術を持つアリス。彼女の遺体に向き合う姿から感じられる職業意識や、事件解決に共に挑むジノとお互いを知る中で見せる柔和な表情は、俳優オルガ・キュリレンコの新たな一面とも言える。映画館の大スクリーンで、彼女のチャレンジを見届けよう。

『バニシング:未解決事件』は5月13日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他にてロードショー。

作品情報

バニシング:未解決事件
2022年5月13日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他にてロードショー

監督:ドゥニ・デルクール『譜めくりの女』
出演:ユ・ヨンソク「賢い医師生活」、オルガ・キュリレンコ『007/慰めの報酬』、イェ・ジウォン

2021/フランス、韓国/韓国語、フランス語、英語/カラー/88分
原題:Vanishing

配給:ファインフィルムズ

© 2021 The French Connection

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事