ジョージ・A・ロメロ監督による“ゾンビ映画”の原点にして金字塔が4Kで甦る『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 4Kリマスター版』(6月17日公開)の予告編が完成した。

「まるで悪夢(ナイトメア)のように頭から離れない」

2017年にこの世を去ったホラー映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督が1968年に友人らと生んだ長編デビュー作にして、現代のあらゆる「ゾンビもの」の原点・元祖である『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(68)。そんな、ゾンビ映画の金字塔を世界中の名作をレストアしリリースしている米クライテリオン・コレクション社が2016年にジョージ・A・ロメロ(原案・脚本・監督)&ジョン・A・ルッソ(共同脚本)らの監修により4Kデジタルレストア。サウンドトラックに関してもロメロ監督らの監修で新たに修復し、画も音も鮮明に、かつてない迫力でよみがえる。

本作は、“人肉を喰らう”、“喰われた人間もゾンビ化する”、“倒す方法は脳を破壊するしかない”といった、いまなお量産されるゾンビ映画やTVシリーズでも踏襲されている“ゾンビ”の定義を確立した作品。襲いかかってくるゾンビの群れから生き延びるために、親子、恋人同士といった様々な人間関係が自分の立場を優先した勝手な行動により破滅していく様、そして、恐ろしく皮肉なラストを含め、今の時代に観ても全く古さを感じさせない。最も多くの作品に影響を与えた映画史における歴史的重要作品である。

このたび完成した予告編は、“この映画で、全てが変わった――”という言葉の後に、静かながらもどこか不穏な音楽が流れると同時に、父の墓参りへとやってきたバーバラと兄ジョニーが映し出される場面から始まる。

そして、何かが起こる予兆のように鳴り響く雷鳴から、差し込まれる「まるで悪夢(ナイトメア)のように頭から離れない」というギレルモ・デル・トロ監督(『ナイトメア・アリー』『パシフィック・リム』)のコメント。

突然遭遇したゾンビからバーバラはなんとか逃げ出し、命からがら近くの一軒家に逃げ込むが…。家の外には人肉を食らう無数の生ける屍(リビングデッド)たち、家の中にはバーバラ含め、逃げ込んできた人間たちがテレビの情報だけを頼りに身を寄せていた。

4Kレストアによりモノクロ映像で重要視される陰影が際立った事で躍動感や恐怖感がより強調され、肌のつやなども鮮明になり、色味が無いにも関わらず不思議と色まで感じ取れるかのような、新たな息吹が予告からも見て取れる。映画館で観られる本編にも期待が高まる。

また現在、一部の劇場&オンラインにて発売中の『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 4Kリマスター版』劇場鑑賞券の特典は“闇夜を生き抜く”ステッカー。暗闇で光を当てると反射する仕様なので、真夜中ゾンビに突如襲われても、これだけは持って逃げなくてはいけないという大事な物に貼っておくと目印になり便利だ。

前売り特典:闇夜を生き抜くステッカー

この映画を劇場で観ずにゾンビ映画は語れない!『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 4Kリマスター版』は、6月17日(金)より、シネマート新宿・立川シネマシティほか全国順次公開。

作品情報

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 4Kリマスター版
2022年6月17日(金)より シネマート新宿ほか全国順次公開

出演:デュアン・ジョーンズ、マリリン・イーストマン、ジョージ・コサナ、ジュディス・オーディア、カール・ハードマン、キース・ウェイン、ジュディス・リドリー、
ラッセル・ストライナー、チャールズ・クレイグ、ビル・カーディル
原案・監督:ジョージ・A・ロメロ  脚本:ジョン・A・ルッソ、ジョージ・A・ロメロ  製作:カール・ハードマン、ラッセル・ストライナー  撮影・編集:ジョージ・A・ロメロ
音楽:ウィリアム・ルース、フレッド・シュタイナー  特殊効果:トニー・パンタネラ、レジス・サーヴィンスキー

原題:NIGHT OF THE LIVING DEAD/1968年/アメリカ/96分/モノクロ/スタンダード/モノラル/日本語字幕
提供:是空、ハピネット・メディアマーケティング  配給:アンプラグド

4K restoration © 2017 Image Ten, Inc. All rights reserved.“NIGHT OF THE LIVING DEAD was restored by the Museum of Modern Art and The Film Foundation, with funding provided by the George Lucas Family Foundation and the Celeste Bartos Preservation Fund.

公式サイト unpfilm.com/NOTLD4K/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事