アカデミー賞オリジナル作曲賞を受賞した『炎のランナー』や『ブレードランナー』などで1980年代の映画音楽界をリードしたギリシャ出身のシンセサイザー奏者、ヴァンゲリスが2022年5月17日フランスの病院で新型コロナウイルスの治療中に亡くなったことがギリシャのマスメディアによって報じられた。享年79。

Embed from Getty Images
日本映画『南極物語』(83)の音楽でも知られる

本名はエヴァンゲロス・オディセアス・パパサナスィウといい、1943年にギリシャの港町ヴォロスに生まれる。高校卒業後、美術学校で映画と美術を学んだ。音楽活動は高校時代からプロとして活動。63年にアテネでポップバンド「フォーミンクス」を結成。ギリシャ国内で人気を呼んだ。70年代に入るとソロ活動を本格化して活動の場をフランスに置き換えた。

NikolasforWiki, CC BY-SA 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0, via Wikimedia Commons

80年代に入り『炎のランナー』(81)、『ブレードランナー』(82)、日本映画『南極物語』(83)と映画音楽のヒット作を連発して世界的な人気を獲得。89年にギリシャへ戻り以降はアテネを中心にする活動を始めた。ほかに映画音楽では『ミッシング』(82)『バウンティ/愛と反乱の航海』(84)『1492 コロンブス』(92)などを手掛けている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事