映画配信サービス「JAIHO(ジャイホー)」では、5月31日(⽕)より「ホン・サンス特集」を開始。韓国の名匠ホン・サンス監督の⽇本未公開3作品『あなた⾃⾝とあなたのこと』 『草の葉』 『川沿いのホテル』を含む全4作品を配信する。このたび『あなた⾃⾝とあなたのこと』の予告&本国版ビジュアルが解禁となった。

『あなた⾃⾝とあなたのこと』本国版ビジュアル
⾃然に⾒えるが⾼度で緻密に計算をされた演出が垣間⾒える『あなた⾃⾝とあなたのこと』

第70回ベルリン国際映画祭にて『逃げた⼥』で監督賞(銀熊賞)を受賞して以来、3年連続銀熊賞に輝いている韓国恋愛映画の旗⼿ホン・サンス監督。『イントロダクション』と、『あなたの顔の前に』2作品の新作が6月24日(⾦)に同時公開される事でも話題のホン・サンスだが、本特集では⽇本未公開作3作品を含む全4作を配信する。

『コンフィデンシャル/共助』『毒戦 BELIEVER』で注⽬されたキム・ジュヒョクが出演する『あなた⾃⾝とあなたのこと』(5/31(⽕)〜配信)、『気まぐれな唇』(6/13(⽉)〜配信)、彼のミューズであるキム・ミニを主演に迎え、ホン・サンス作品としては珍しい荘厳な⾳楽が特徴の『草の葉』(6/24(⾦)〜配信)、主演キ・ジュボンが第71回ロカルノ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞した『川沿いのホテル』(7/1(⾦)〜配信)の4作品。

今回解禁された『あなた⾃⾝とあなたのこと』予告編では、⽇常的な男⼥の痴話喧嘩姿から⼥性の顔が幾度となくクローズアップされ、ホン・サンス監督独⾃の世界観を感じることができる。喧嘩別れをした⼥友達とそっくりな⼈物に翻弄される芸術家の男を演じるのは、2017年に惜しくも45歳という若さで交通事故で亡くなったキム・ジュヒョク。男⼥の恋愛⾵景を描いた会話劇という点は従来の作品と共通するが、本作では不条理なファンタジー要素が加わえられ、⾃然に⾒えるが⾼度で緻密に計算をされた演出が垣間⾒える。⽇本国内では第29回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部⾨のみでの上映だったが、このたび本特集内で待望の配信が決定した。

ベルリン国際映画祭で銀熊賞を3年連続で受賞し、新作を発表するたび、世界から⾼く評価されるホン・サンス監督。今回⽇本独占初配信となる『草の葉』ではクラシック⾳楽が流れる喫茶店という限られた舞台設定の中で、⾔い争う男⼥を契機に思いがけない⼈間関係が次々と展開し、ホン・サンス監督特有のミニマムな世界の無限の可能性を表現。第19回東京フィルメックスでの上映時には絶賛の声が相次ぎ、⽇本国内での鑑賞を望む声が数多く寄せられた。

多くのファンが待ち望んだ選りすぐりの4作品で、誰もを惹きつけて離さないホン・サンス監督の世界を堪能することのできる特集となっている。

ホン・サンス特集

今年2⽉には『⼩説家の映画』で第72回ベルリン国際映画祭にて審査員⼤賞(銀熊賞)を受賞し、3年連続で同映画祭の銀熊賞を受賞するなど世界で⾼い評価を受ける韓国の名匠ホン・サンス監督。他に類を⾒ないミニマムな世界観が特徴的で⽇本でも多くの作品の公開が待望されている。今回の特集では数多くの作品群の中から、とりわけ熱狂的なファンを⽣み出した⽇本独占初配信3作品を含む計4作品を併せて配信。

『あなた⾃⾝とあなたのこと』(2016年/韓国)
5⽉31⽇(⽕)〜 ※プレミア作品(⽇本未公開作) ※60⽇間配信
主演は『⻘燕 -あおつばめ-』(05)、『コンフィデンシャル/共助』(17)、『毒戦 BELIEVER』(18)などで活躍し2017年に惜しくも交通事故で亡くなったキム・ジュヒョクと、『アトリエの春、昼下がりの裸婦』(14)、『背徳の王宮』(15)のイ・ユヨンが出演。サン・セバスチャン国際映画祭で監督賞を受賞し、⽇本では第29回東京国際映画祭ワールド・フォーカスで上映された。⼥友達のミンジョンとケンカ別れをしてしまった画家のヨンスは、翌⽇彼⼥そっくりの⼥性を⾒つけるのだが…。

『気まぐれな唇』(2002年/韓国)
6⽉13⽇(⽉)〜 ※60⽇間配信
気晴らしに先輩の元を訪ねた俳優ギョンス(キム・サンギョン)。そこで美しいダンサー、ミョンスク(イェ・ジウォン)を紹介され、酔った2⼈は1晩を共に過す。彼⼥と別れたギョンスはプサン⾏きの列⾞の中で、魅⼒的な⼥性ソニョン(チュ・サンミ)と出会う。

『草の葉』(2018年/韓国)
6⽉24⽇(⾦)〜 ※プレミア作品(⽇本未公開作)
『クレアのカメラ』(17)に続き、キム・ミニを主演に迎えて2018年に発表した66分の中編。全編に渡り美しいモノクロ映像とホン・サンス監督作には珍しい荘厳な⾳楽が使われている。2018年の第68回ベルリン映画祭フォーラム部⾨で上映。⽇本では第19回東京フィルメックスの特別招待作品として上映された。ある路地裏の喫茶店。⾃殺した⼥性のことを話す男⼥や、劇団の俳優、作家など様々な⼈々が出⼊りする中、1⼈の⼥性がPCにむかい、店内の⼈々を観察しながら執筆している。やがて彼⼥の弟が年上の恋⼈を連れてきて…。

『川沿いのホテル』(2018年/韓国)
7⽉1⽇(⾦)〜 ※プレミア作品(⽇本未公開作)
ホン・サンス監督が、『草の葉』に続き、全編モノクロームで描く傑作⻑編。 2020年「カイエ・デュ・シネマ」誌ベストテン第6位に選ばれ、キ・ジュボンがロカルノ映画祭で最優秀男優賞を受賞した。ジュボンのほかキム・ミニも『草の葉』に続いて出演している。⽇本では『草の葉』とともに第19回東京フィルメックスの特別招待作品として上映された。ある冬の⽇、漢江沿いにある静かなホテルで、⽼詩⼈ヨンファンが⽬を覚ます。ホテルには失恋して傷⼼の⼥性サンヒが滞在していて、彼⼥に会いに先輩の⼥友達がやってきていた。ホテルに⾃分の息⼦2⼈を呼び出したヨンファンだったが、サンヒたちに出会ってから様⼦がおかしくなっていく…。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事