巨匠ロマン・ポランスキー監督最新作、19世紀のフランスで起きた歴史的冤罪事件“ドレフュス事件”を映画化した『オフィサー・アンド・スパイ』(6月3日公開)の本編映像が解禁された。軍を追われて絶体絶命、それでも真実と正義を求める信念の男ピカールの熱き法廷バトルが開幕するシーン映像だ。また、久米宏(フリーアナウンサー)、黒沢清(映画監督)、町山智浩(映画評論家)らからの絶賛コメントも到着した。

「ポリティカル・スリラーとはこうでなければならない。感服した。」

本作は、歴史的冤罪事件“ドレフュス事件”を基に、巨大権力と闘った男の不屈の信念と壮絶な逆転劇を描く歴史サスペンス。ドイツに機密を漏洩したスパイ容疑で終身刑となったユダヤ人大尉ドレフュス。彼の無実を示す衝撃の証拠を発見した対敵情報活動率いるピカール中佐が、スキャンダルを恐れ証拠の捏造や文書の改竄などあらゆる手で隠蔽をもくろむ国家権力に抗いながら真実と正義を追い求める姿を描く。

今回解禁された本編映像は、ドレフュス事件の冤罪と軍部の腐敗を公開状で新聞に掲載し、名誉毀損で訴えられたエミール・ゾラの証人として、主人公ピカール(ジャン・デュジャルダン)が法廷に立つ場面。

ドレフュスの有罪を画策したアンリ少尉(グレゴリー・ガドゥボワ)が、ピカールの真横で「中佐は嘘つきだ」と指をさし糾弾、法廷内は騒然とする。この、かつての部下の侮辱に対し、ピカールは眉ひとつ動かさず、冷静に反撃に出る。

軍上層部の将軍たちの名前を挙げ、その隠蔽と捏造を堂々と暴き、壇上からの制止をものともせず、「25年過ごした愛する軍を追われても、真実と正義を追求しようとした」と語る。その毅然とした勇姿に法廷内からは拍手が湧き起こる。真実と正義のためならどんな圧力にも屈しない男ピカールの生き様が垣間見られるシーンとなっている。

そんな本作をいち早く鑑賞した著名人からのコメントも到着。久米宏(フリーアナウンサー) は、「さすがフランスでの大ヒット 俳優良し 衣装も素晴らしい」と太鼓判を押し、ポランスキー監督の『フランティック』を好きな作品の一つに挙げ、先日の一般試写会で登壇ゲストとして作品の魅力について語った黒沢清(映画監督)は、「ポリティカル・スリラーとはこうでなければならない。感服した。」とポランスキーでしか描けない権力の恐怖に絶賛、日本テレビ系「ウェークアップ」や「スッキリ!」のコメンテーターを務める橋本五郎(読売新聞特別編集委員)は、「希望を捨ててはならない。人間には良心と勇気があるのだ。」とコメント、町山智浩(映画評論家)は「これは過去のことでもフランスだけのことでもない。」とまさに現代に通じるテーマとして思いを寄せた。コメント全文は以下の通り。

『オフィサー・アンド・スパイ』は6月3日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国公開。

コメント一覧 *五十音順、敬称略

波瀾万丈の人生の終焉近くに 
ロマン・ポランスキー氏は この歴史的冤罪事件にたどり着いた
さすがフランスでの大ヒット 俳優良し 衣装も素晴らしい
久米宏(フリーアナウンサー)

まわりはみんな敵ばかり。国家権力の闇がいたるところにはびこる。こちらの手にあるのは、つぎはぎだらけの紙きれ一枚だけだ。どうやって戦う?そして、戦った先に何がある?ポリティカル・スリラーとはこうでなければならない。感服した。
黒沢清(映画監督)

歴史は繰り返す。組織的隠蔽、命令への盲従、文書の改竄、組織の名誉を守るという大義……。それが冤罪を生む。しかし、希望を捨ててはならない。人間には良心と勇気があるのだ。
橋本五郎(読売新聞特別編集委員)

ベル・エポックの絵画を再現した映像美に隠されたポランスキーの静かな怒り。フランスにはナチよりも前から反ユダヤ主義があり、レイシズムは今また大きなうねりとなり、大統領選で極右ルペンを躍進させている。これは過去のことでもフランスだけのことでもない。
町山智浩(映画評論家)

作品情報

オフィサー・アンド・スパイ
2022年6月3日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国公開

STORY
1894年、フランス。ユダヤ系の陸軍大尉ドレフュスが、ドイツに軍事機密を流したスパイ容疑で終身刑を宣告される。ところが対敵情報活動を率いるピカール中佐は、ドレフュスの無実を示す衝撃的な証拠を発見。上官に対処を迫るが、国家的なスキャンダルを恐れ、隠蔽をもくろむ上層部に左遷を命じられてしまう。全て失っても尚、ドレフュスの再審を願うピカールは己の信念に従い、作家のゾラらに支援を求める。しかし、行く手には腐敗した権力や反ユダヤ勢力との過酷な闘いが待ち受けていた……。

監督:ロマン・ポランスキー 脚本:ロバート・ハリス、ロマン・ポランスキー 原作:ロバート・ハリス「An Officer and a Spy」
出演:ジャン・デュジャルダン、ルイ・ガレル、エマニュエル・セニエ、グレゴリー・ガドゥボワ、メルヴィル・プポー、マチュー・アマルリック他
2019年/フランス・イタリア/仏語/131分/4K 1.85ビスタ/カラー/5.1ch/原題:J’accuse/日本語字幕:丸山垂穂 字幕監修:内田樹
提供:アスミック・エース、ニューセレクト、ロングライド

配給:ロングライド

©️ Guy Ferrandis-Tous droits réservés
©️ 2019-LÉGENDAIRE-R.P.PRODUCTIONS-GAUMONT-FRANCE2CINÉMA-FRANCE3CINÉMA-ELISEO CINÉMA-RAICINÉMA

公式サイト longride.jp/officer-spy/

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事