伊坂幸太郎の大ベストセラー小説「マリアビートル」をブラッド・ピット主演でハリウッド映画化する『ブレット・トレイン』の日本公開日が9月1日(木)に決定した。あわせて日本版ポスターと劇場版予告が解禁され、新たに場面写真も一挙公開された。

「殺し屋しか、乗ってこねぇ。」

本作は、主演ブラッド・ピット、『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督のタッグで贈る、待望のアクション超大作。ブラッド・ピット演じる世界で最も運の悪い殺し屋レディバグは、ブリーフケースを奪うよう謎の女性から電話越しに指令を受け、気合たっぷりに「東京発・京都行」の超高速列車に乗り込む。だがそれは彼にとって人生最悪な120分間の始まりだった。

今回解禁された劇場版予告では、乗りこんでくるキャラ濃すぎの殺し屋たちが、全く身に覚えのないレディバグに次々と襲い掛かる。ブリーフケースを奪ってすぐ降りるだけの、簡単な任務のはずだったのに…。弾丸列車と化した時速350kmの車内で繰り広げられる、決死のバトル! 予期せぬ最悪が折り重なり、終着点・京都に向けて「絶望」が加速する――。やがて繋がる、殺し屋たちの過去の因縁。予告の最後で真田広之演じるエルダーがレディバグに諭す「お前の運命だ」という言葉が意味するものとは?

同時に解禁された日本版ポスターでは、「殺し屋しか、乗ってこねぇ。」と、ボロボロのTシャツに傷だらけのブラッド・ピットが困り顔でぼやき、東京から京都までの間に何が起きるのか、想像を掻き立てるビジュアルとなっている。また新場面写真では、主人公レディバグやキャラ濃すぎの殺し屋たちの姿が切り取られている。

さらに、5月27日(金)より本作のムビチケ前売券(カード/オンライン)が発売開始されることも決定。ムビチケカードは特別デザインの乗車券型で、ムビチケカード購入特典は「オリジナル手汗ぬぐい」となっている(数量限定/全国の『ブレット・トレイン』上映映画館(※一部除く)にて取り扱い予定)。この手汗ぬぐいを持って、レディバグと共に「手に汗握る最悪の120分間」を体感してみよう。

作品情報

ブレット・トレイン
2022年9月1日(木)全国の映画館で公開

原題: BULLET TRAIN

US公開日:8月5日予定
原作:伊坂幸太郎「マリアビートル」(角川文庫刊)
監督:デヴィッド・リーチ
脚本:ザック・オルケウィッツ
キャスト:ブラッド・ピット、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、アンドリュー・小路、真田広之、マイケル・シャノン、バッド・バニー(ベニート・A・マルティネス・オカシオ)

公式サイト https://www.bullettrain-movie.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事