フランスを代表する名女優カトリーヌ・ドヌーヴと、本作でセザール賞最優秀主演男優賞を受賞した演技派ブノワ・マジメルの共演で大きな話題となった『De son vivant (原題)』が邦題『愛する人に伝える言葉』として10月7日(金)より、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開されることが決定。あわせてメインビジュアルが解禁された。

癌を宣告された主人公とその母親が、穏やかに死と対峙していく過程を感動的に描く

名女優カトリーヌ・ドヌーヴと演技派ブノワ・マジメルの共演によるこの物語は、癌を宣告された主人公とその母親が、限られた時間のなか「人生のデスクの整理」をしながら、穏やかに死と対峙していく過程を感動的に描く。

バンジャマンは人生半ばで膵臓癌を宣告され、母のクリスタルとともに、業界でも名医として知られるドクター・エデを訪れる。二人は彼に一縷の希望を託すのだが、エデはステージ4の膵臓癌は治せないと率直に告げる。ショックのあまり自暴自棄になるバンジャマンにエデは、病状の緩和による生活の質を維持するために化学療法を提案し、「一緒に進みましょう」と励ます。ドクター・エデの助けを借りて、クリスタルは息子の最期を出来る限り気丈に見守ることを心に決めるのだが…。

監督は、『太陽のめざめ』(15)でカンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったエマニュエル・ベルコ。主人公を献身的に看病し、愛情を寄せる看護婦役には、『モンテーニュ通りのカフェ』などで知られるセシル・ド・フランス、そして主治医のドクター・エデ役には、実際に現役の癌専門医であるガブリエル・サラが扮しているのも話題だ。死を語ることで逆説的に生を描き、その尊さを見つめる感動作がついに公開となる。

作品情報

愛する人に伝える言葉
2022年10月7日(金)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座 他全国公開

監督:エマニュエル・ベルコ
脚本:エマニュエル・ベルコ、マルシア・ロマノ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ブノワ・マジメル、セシル・ド・フランス、ガブリエル・サラ
2021年/フランス映画/フランス語・英語/122分/カラー/スコープサイズ/5.1chデジタル/原題:De son vivant   
字幕翻訳:手束紀子

配給:ハーク/TMC/SDP 後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本

© Photo 2021 : Laurent CHAMPOUSSIN - LES FILMS DU KIOSQUE

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事