世界が嫌悪し括目した、今そこにある“悪夢”を描くディストピア・スリラー『ニューオーダー』(6月4日公開)の本編特別映像が解禁された。

監督「期せずしてこの作品は時代に即したものになってしまった」

第77回ヴェネツィア国際映画祭で審査員大賞など2冠を受賞しながらも、各国の映画祭で激しい賛否両論を巻き起こした本作は、広がり続ける経済格差とそれがもたらす社会秩序の崩壊、今まさに我々が直面している危機的状況を描くディストピア・スリラー。目を背けたくなる、それでも刮目せねばならない“最悪”のリアリティに、観る者の覚悟が試される86分だ。

監督を務めたのは長編デビュー作から4作品連続でカンヌ国際映画祭に正式出品され、コンペティション部門での脚本賞を含む3冠に輝いてきたメキシコの俊英ミシェル・フランコ。ごく普通の人間の人生がふとしたきっかけで崩壊の危機に瀕していく様を冷徹な視線で描いてきた彼は言う。「我々の暮らすメキシコに限らず、世界は極限状態に追い込まれている。まるで日々ディストピアに近づいているようにね。そしてパンデミックによって事態が更に悪化したことで、期せずしてこの作品は時代に即したものになってしまったんだ」と。

このたび解禁された本編抜粋映像には、政府や富裕層への抗議運動が暴動へと発展し、略奪と殺戮が繰り返された末、軍部の武力鎮圧が行われ、変わり果てたメキシコシティの様子が次々に映し出される。

黒煙がうず高く上がり、道路には軍用車、空には軍用ヘリが行き交う。暴徒たちの略奪の標的となった高級ブティックの前の通りや、独立記念碑が臨める目抜き通りの前も、そこかしこに死体が点在する。

教会の前には死体がどんどん運び込まれ、病院らしき建物の前にはテントがびっしりと並び、収容仕切れない負傷者たちのための野戦病院と化している。総勢3000人ものエキストラを起用したという屋外シーンは、よく目を凝らして見ても報道映像と見まがうほどリアルだ。

ミシェル・フランコ監督は、「暴動には、個人が意を決して参加しても、次第と個性を失い集団として行動するという習性があります。本作のデモ参加者は革命家ではなく、大義名分もない。どこに行きたいという明確な意識はなく、ただ、今の状況が耐えられないだけなのです。(中略)このような状況に軍事的な暴力が加わると、一触即発の状態になってしまう。一方のメキシコでは、武力行使の面でも、経済的な面でも、すでにすべての権限を軍に委ねており、これは非常に気になるところで、完全に内戦を招くシナリオです」とメキシコの現状に危惧を示し、「自分が言うべきことを映画を通して伝えたい」とインタビューで述べている。

『ニューオーダー』は6月4日(土)、渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

作品情報

ニューオーダー
2022年6月4日(土)、渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

STORY
夢に見た結婚パーティー。マリアンにとって、その日は人生最良の一日になるはずだった。裕福な家庭に生まれ育った彼女を祝うため豪邸に集うのは、着飾った政財界の名士たち。一方、マリアン宅からほど近い通りでは、広がり続ける貧富の格差に対する抗議運動が、今まさに暴動と化していた。その勢いは爆発的に広がり、遂にはマリアンの家にも暴徒が押し寄せてくる。華やかな宴は一転、殺戮と略奪の地獄絵図が繰り広げられる。そして運良く難を逃れたマリアンを待ち受けていたのは、軍部による武力鎮圧と戒厳令だった。電話や通信網は遮断され、ついさっきまで存在していたはずの法と秩序は崩壊、日常が悪夢に変わる。だが、“最悪”はまだ始まったばかりだ。

監督・脚本:ミシェル・フランコ 出演:ネイアン・ゴンザレス・ノルビンド、ディエゴ・ボネータ、モニカ・デル・カルメン
2020年/メキシコ・フランス/スペイン語/86分/シネマスコープ/5.1ch/字幕翻訳:平井かおり/原題:NUEVO ORDEN(英題:NEW ORDER)/配給:クロックワークス/PG12

© 2020 Lo que algunos soñaron S.A. de C.V., Les Films d’Ici

公式サイト https://klockworx-v.com/neworder/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事