ウクライナ映画界の俊英として世界中の期待を集めるヴァレンチン・ヴァシャノヴィチが監督・脚本・撮影・編集・製作を手がけた『アトランティス』(2019)と『リフレクション』(2021)の2作品が6月25日(土)よりシアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開。このたび、予告編が完成した。

『アトランティス』
『リフレクション』
ウクライナが辿ってきた過去と、これから辿るであろう未来

現在も続くウクライナ侵略戦争を真正面から描いた、今こそ観るべき珠玉の2作『アトランティス』『リフレクション』。『アトランティス』は2025年を舞台に、元兵士の“生”のはかなさと“愛”の尊さを描いた近未来のディストピア映画。『リフレクション』は、敵の捕虜となった外科医の運命を、純真な少女の視点を交え、驚くべきショットの連続で凝視した。

『アトランティス』では“戦争終結後の2025年”が、『リフレクション』では“戦争のはじまりの2014年”が描かれ、今年2月24日のはるか前から戦争が行われ、ウクライナはその脅威にさらされてきたという事実を我々にまざまざと知らしめる。

今回解禁となった予告編は2本立てとなっており、はじめに紹介されるのは、「戦争終結から1年後の2025年」のウクライナ・ドンバス地域を舞台に、すべてを失い帰還した元兵士と、戦死者の遺体を回収する女性の邂逅を描く『アトランティス』。どのショットにもフィクションとは思えないような生々しさが漂い、見るものを圧倒するが、最後を飾るサーモグラフィの映像にほのかな希望を感じさせる内容となっている。

そして、“戦争のはじまりの2014年”を舞台に、ドンバス地域で捕虜となった外科医の苛烈な運命を、1シーン1ショットの鮮烈な映像で綴る『リフレクション』は、『アトランティス』からさらに研ぎすまされたヴァシャノヴィチ監督独自の写実性と様式美が融合した映像世界が体験出来る。悪夢のような非人道的な残虐行為を受け地獄を見た外科医の「魂の回復」を、彼の娘である少女の視点を交えて描く本作。予告編のラストを飾る彼の笑顔に祈りを捧げずにはいられない。

『リフレクション』

監督のヴァレンチン・ヴァシャノヴィチは、ウクライナ映画史上屈指の傑作との評価を得た『ザ・トライブ』(14)に製作・撮影・撮影で参加するなど、ウクライナを代表する映画人として高く評価されている。『アトランティス』は2019年ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門作品賞、2019年東京国際映画祭審査委員特別賞をそれぞれ受賞し、2020年の米アカデミー賞長編国際映画賞ウクライナ代表に選ばれ、『リフレクション』は2021年ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に選出されるなど、いずれの作品も世界的な注目を集め、高く評価されながら、これまで日本では劇場公開されなかった。

『アトランティス』

今年3月、この2作品の上映およびウクライナ映画人支援のための寄付を集めるクラウドファンディングが「ウクライナ映画人支援上映 有志の会」により行われ、目標額を上回る5,994,500円を集め、3月29〜31日の3日間、東京・渋谷のユーロスペースとユーロライブにて上映された。上映後の満足度も高かったものの、限定上映ゆえに鑑賞を希望しながらも叶わなかったという声も多く、このたび満を持しての劇場公開となる。

これまでウクライナが辿ってきた過去と、これからのウクライナが辿るであろう未来を鮮明に映し出した珠玉の2作。『アトランティス』『リフレクション』は6月25日(土)、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

作品情報

アトランティス
リフレクション
2022年6月25日(土)、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

アトランティス
STORY
ロシアとの戦争終結から1年後の2025年。戦争で家族を亡くし、唯一の友人も失った孤独な主人公セルヒーが、兵士の遺体発掘、回収作業に従事するボランティア団体の女性との出会いをきっかけに、自らが“生きる”意味と向き合っていく姿を描く。死に覆いつくされた世界を漂流する生のはかなさと、そこに芽生えた愛の尊さをサーモグラフィー・カメラが鮮烈に映し出す。

【監督・脚本・撮影・編集・製作】ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ
【出演】出演:アンドリー・ルィマルーク、リュドミラ・ビレカ、ワシール・アントニャック
2019年|ウクライナ映画|ウクライナ語|109分|シネスコ|デジタル5.1ch|原題:Атлантида|英題:Atlantis|日本語字幕:杉山緑
字幕監修:梶山祐治|字幕協力:東京国際映画祭|協力:ウクライナ映画人支援上映 有志の会 
提供:ニューセレクト 配給:アルバトロス・フィルム
©Best Friend Forever

リフレクション
STORY
クリミア侵攻が始まった2014年。従軍医師のセルヒーは、東部戦線で人民共和国軍の捕虜となり、悪夢のような非人道的行為を経験。やがて首都キーウに帰還したセルヒーが、失われた日常を取り戻そうと苦闘する姿を、娘ポリーナとの触れ合いを軸に見すえていく。戦争と平和、生と死、肉体と魂、そして贖罪。深遠なる多義性に富んだ本作には、ヴァシャノヴィチ監督の並外れた才気が凝縮されている。

【監督・脚本・撮影・編集・製作】ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ
【出演】ロマン・ルーツキー、アンドリー・ルィマルーク、ニカ・ミスリツカ
2021年|ウクライナ映画|ウクライナ語・ロシア語|126分|シネスコ|デジタル5.1ch|原題:Відблиск|英題:Reflection|日本語字幕:額賀深雪
字幕監修:梶山祐治|協力:ウクライナ映画人支援上映 有志の会 
提供:ニューセレクト 配給:アルバトロス・フィルム
©Arsenal Films, ForeFilms

公式サイト Atlantis-reflection.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事