全編90分間、驚異のワンショットが話題を呼び、本国イギリスでスマッシュヒットとなった『ボイリング・ポイント/沸騰』(7月15日公開)の特別映像が解禁された。正真正銘のノーCG、ノー編集、1つのミスも許されない90分間の舞台裏が明らかになる映像だ。

「一般的な映画は編集によって物語の緊張感を高めることができるが、本作ではそれはできない」

本作は、ロンドンの高級レストランを舞台に、崖っぷちのオーナーシェフの波乱に満ちたスリリングな一夜を、全編90分ワンショットで捉えた作品。新鋭フィリップ・バランティーニ監督が人気レストランの表と裏を同時に味わえる、濃密な人間ドラマを作りあげた。

このたび解禁された特別映像は、困難に溢れる90分ワンカットを取り入れた作品作りの裏側に迫る内容。

共同脚本を担当したジェームズ・A・カミングスは「一般的な映画は編集で物語を伝える。編集によって物語の緊張感を高めることができるが、本作ではそれはできない。だから脚本を書いているとき、物語のペースがつかみづらい。そこが課題だった。カメラの動きなど考慮すべき要素も多かった」とワンカット撮影だからこそ難しかった脚本づくりのポイントを語る。

また撮影監督のマシュー・ルイスは「撮影前に補助機材を着用して歩き回った。機材が店のカウンターにぶつからないよう、前もって調整する必要があったんだ」と振り返る。補助器具を使って背中からカメラをぶら下げ、入念に撮影のシミュレーションをする当時の映像も登場。

また「僕が役者を追うことで物語が展開していくから、時には役者の立ち位置を移動させる必要も出てきた。そんな場合は脚本も直す。登場人物にそれなりの理由を与え、別の場所に移動させたわけだ。空間も狭く、特に厨房を通る際は、近くに火のついたガスコンロがあったりするから大ごと。カメラの動きが少しでもスムーズでなくなると、映画の緊迫感が弱まり観客がしらけてしまう」と、撮影する上での苦労と緊迫感を出すための工夫を話す。

そのほか役者の即興演技で出たセリフを積極的に台本に取り入れた脚本づくりの経緯について。そして、修正することが増えすぎてしまった時、役者100名を集めて指示。皆で話し合い作り上げた時のエピソードが、当時の映像と一緒に語られている。

またこのたび追加で解禁された6点の場面写真は、ホールスタッフによる接客シーンや、レストランで働くオーナー・シェフ アンディ役のスティーヴン・グレアムをはじめとしたスタッフたちの写真。さらにキッチンで戸惑いの表情を浮かべる副料理長とコックの表情などの写真など。レストランの表舞台と裏で巻き起こるドラマを期待させる写真の数々だ。

『ボイリング・ポイント/沸騰』は7月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開。

作品情報

ボイリング・ポイント/沸騰
2022年7月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開

STORY
一年で最も賑わうクリスマス前の金曜日、ロンドンの人気高級レストラン。その日、オーナーシェフのアンディは妻子と別居し疲れきっていた。運悪く衛生管理検査があり評価を下げられ、次々とトラブルに見舞われるアンディ。気を取り直して開店するが、予約過多でスタッフたちは一色触発状態。そんな中、アンディのライバルシェフが有名なグルメ評論家を連れてサプライズ来店する。さらに、脅迫まがいの取引を持ちかけてきて…。

製作・監督・脚本:フィリップ・バランティーニ
出演:スティーヴン・グレアム『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』『アイリッシュマン』、ヴィネット・ロビンソン「SHERLOCK/シャーロック」、ジェイソン・フレミング『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

原題:BOILING POINT/ 2021/イギリス/英語/94 分/配給:セテラ・インターナショナル/PG12

© MMXX Ascendant Films Limited

公式サイト http://www.cetera.co.jp/boilingpoint/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事