『アルマゲドン』のベン・アフレックと『マリー・ミー』のジェニファー・ロペスが2022年7月16日、結婚許可証を取得し、ラスベガスで結婚したことが米メディアで大々的に報じられた。

ジェニファー・ロペス
dvsross, CC BY 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by/2.0, via Wikimedia Commons
「私たちはやり遂げました。愛は美しく寛大です」

アフレックとジェニファーはこの4月に婚約を発表していたが、実際には最初の婚約から20年を経てのゴールイン。2002年に交際をはじめ、同年11月に婚約していたが、04年に解消。その後、アフレックはジェニファー・ガーナーと結婚して三児が誕生、ジェニファーはマーク・アンソニーと結婚して双子が誕生、離婚後こんどはアレックス・ロドリゲスと婚約、破局した。

Embed from Getty Images

ジェニファーは翌17日になってファン向けのニュースレターでこの事実を発表。「私たちはやり遂げました。愛は美しく寛大です。そして忍耐強いことがわかりました。二人は20年を耐えたのです」と彼女は語り、「愛の勝利」を喜んでいる模様。

式は小さなチャペルで行われたようで、この後大きな披露宴を行うかどうかも注目される。ジェニファーは自身を「ミセス・ジェニファー・リン・アフレック」という名前で結んでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事