『TENET テネット』のジョン・デヴィッド・ワシントンが『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズ監督の次回作に出演することがわかった。米Deadlineなどが報じている。

Embed from Getty Images
ギャレス・エドワーズ監督にとっては『ローグ・ワン』以来の待望の最新作

その映画のタイトルは『True Love(原題)』。詳しい内容はまだ明かされていないが、近未来を描くSFオリジナル・ストーリー。ジョン・デヴィッド・ワシントンにとっては『TENET テネット』に続くSF大作。ギャレス・エドワーズ監督にとっては2016年の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』以来の待望の監督最新作となる。

Embed from Getty Images

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』プレミア時のギャレス・エドワーズ監督

ジョン・デヴィッド・ワシントンは『TENET テネット』の後、Netflix映画『マルコム&マリー』でゼンデイヤと共演。最近『世界にひとつのプレイブック』のデヴィッド・O・ラッセル監督による新作オールスター映画(タイトル未定)を撮り終えた模様。これからも彼の楽しみなプロジェクトが続きそうだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事