世界初のレストラン誕生という、フランス革命前夜に訪れた「食の革命」を描く『デリシュ!』(9月2日公開)の新規場面写真が一挙解禁された。

世界で初めてレストランを作った男の爽快な人間ドラマ

本作は、美食の国、フランスを舞台に描かれる、世界で初めてレストランを作った男の爽快な人間ドラマ。1789年、フランス革命前夜。誇り高い宮廷料理人のマンスロン(グレゴリー・ガドゥボワ)は、自慢の創作料理「デリシュ」にジャガイモを使ったことが貴族たちの反感を買い、主人である傲慢な公爵(バンジャマン・ラベルネ)に解任されてしまう。失意を抱えたマンスロンは、息子(ロレンゾ・ルフェーブル)を連れて実家に帰ることになる。

そこへ現れたのが、料理を学びたいという謎めいた女性ルイーズ(イザベル・カレ)。マンスロンは弟子は不要と断り続けるが、熱意に押されて彼女の希望を受け入れるのだった。やがて、マンスロンは美味しい料理を作る喜びを再び見出す。そして、ルイーズの助けと息子の協力を得て、世界で初めて一般人のために開かれたレストランを営むことになる。店はたちまち評判となるものの、公爵にその存在を知られてしまう…。

貴族と庶民が同じ場所で食を共にすることが考えられなかった時代に、世界で初めての「レストラン」はいかにして生まれたのか!? フランス革命と共に訪れる「食の革命」、世界初のレストラン誕生の秘密が今明らかになる。

今回初解禁となった場面写真は、マンスロンとルイーズが厨房で和やかに小麦粉を捏ねるシーンをはじめとする11点。繊細な指先使いでマッシュルームをカットし、丁寧に皿に盛り付けする姿からは料理愛が溢れる。そんなマンスロンが精魂込めた料理の数々を公爵と貴族たちが吟味する。だが、創作料理「デリシュ」に司祭が注文をつける。当時のフランスでは、じゃがいもは一般的には豚のエサとして使われることが多く、まして優雅な貴族の食卓に並ぶものではなかった。司祭のひと言で公爵も豹変し、解雇を言い渡すことになってしまう。

失意のマンスロンに弟子入りを志願するルイーズ、進歩的な考え方を持ち父に反発する息子とのスリーショット、公爵の執事イアサント(ギヨーム・ドゥ・トンケデック)が厨房で指示を伝える場面も。また、テーブルに並んだ料理の数々や、「デリシュ」を両手に抱えるマンスロンにルイーズが寄り添って給仕に向かう場面などが切り取られている。

『デリシュ!』は9月2日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開。

作品情報

デリシュ!
2022年9月2日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開

出演:グレゴリー・ガドゥボワ、イザベル・カレ、バンジャマン・ラベルネ、ギヨーム・ドゥ・トンケデック プロデューサー:クリストフ・ロシニョン & フィリップ・ボエファール
監督:エリック・ベナール 脚本:エリック・ベナール、ニコラ・ブークリエフ 撮影:ジャン=マリー・ドルージュ 音楽:クリストフ・ジュリアン 
2020/フランス・ベルギー/フランス語/カラー/シネマスコープ/5.1ch/112分 原題:DÉLICIEUX 配給:彩プロ

©︎2020 NORD-OUEST FILMS―SND GROUE M6ーFRANCE 3 CINÉMA―AUVERGNE-RHôNE-ALPES CINÉMA―ALTÉMIS PRODUCTIONS

公式サイト https://delicieux.ayapro.ne.jp 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事