香港特別行政区設立25周年記念映画祭「Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力」が2022年11月9日(水)〜13日(日)、Bunkamuraル・シネマにて開催されることが決定した。

関連イベントとして香港出身の4人の写真家による写真展の開催も決定

本映画祭は、イタリア・ウディーネ、インドネシア・バリ、イギリス・ロンドン、タイ・バンコクなど世界各地を巡回しており、この秋、東京にて待望の日本開催。今年2022年、設立25周年を迎えた香港特別行政区。エキサイティングで活気あふれる国際都市・香港が迎えた大きな節目を記念し、才能豊かな新人監督作品や、今なお輝きを放ち続けるクラシックの名作など、選りすぐりの香港映画8本が上映される。

このたび、映画祭ポスタービジュアルが解禁され、プログラムの1本として、レスリー・チャン演じる人間の若者とジョイ・ウォン演じる美しい幽霊との切ない恋物語を、大迫力のワイヤー・アクションとSFXを駆使して描いた傑作ファンタジー『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(1987)2Kデジタル・リマスター版の日本初スクリーン上映が決定した(その他の上映作品は後日発表予定)。

『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』
©2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

さらに関連イベントとして、2022年10月22日(土)〜30(日)にHIBIYA CENTRAL MARKETテントギャラリー(東京ミッドタウン日比谷)にて、そして、2022年11月5日(土)〜13日(日)にBunkamura 1階エレベーターホールにて、香港出身の4人の写真家による香港映画のスチルや舞台裏を収めた写真展の開催も決定している。

上映プログラム

『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(1987/香港)*2Kデジタル・リマスター版
出演:レスリー・チャン、ジョイ・ウォン、ウー・マ、ラム・ウェイ、ラウ・シウミン
監督:チン・シウトン 製作:ツイ・ハーク  配給:ツイン
©2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

開催メッセージ

1997年以来、香港映画界はメインストリームの商業映画から実験的なインディペンデント系ミニシアター作品、中国本土との共同制作による超大作、そして新世代の映画監督たちによるパーソナルな創作に至るまで、あまたの変化を遂げてきました。綿々と続く創作活動を通して、映画製作者たちは香港映画の歴史や人々の日常生活における決定的な瞬間を捉えつつ、この街の変わりゆく風景を見つめてきました。観客の心と共鳴するように、これらの作品は香港映画の美意識を変え、多元的な社会意識をかつてないレベルで映し出し、国際的評価を獲得し、数え切れないほどのリメイク作品をもたらしました。本映画祭が、香港映画の25年の進化を紹介し、これまでの成功を祝うと同時に、底力と創造的革新を継続する新展望への思いを披露できることを願っています。(出典:https://makingwaves.hkiff.org.hk/about-mw

開催情報

香港特別行政区設立25周年記念映画祭「Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力」
開催期間:2022年11月9日(水)〜13日(日)
会場:Bunkamuraル・シネマ(東京・渋谷)

【写真展】 *都内2会場にて開催
① 開催期間:2022年10月22日(土)〜30(日)
会場:HIBIYA CENTRAL MARKETテントギャラリー(東京ミッドタウン日比谷3階)

② 開催期間:2022年11月5日(土)〜13日(日)
会場:Bunkamura 1階エレベーターホール(東京・渋谷)

主催:香港特別行政区政府クリエイト香港/共催:大阪アジアン映画祭/協力:香港特別行政区政府 駐東京経済貿易代表部/企画・運営:香港国際映画祭/特別協力:Bunkamura

公式サイト makingwaves.oaff.jp 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事