2019年より開催され、選りすぐりの怪作、珍作、奇作、迷作、異作を上映してきた「奇想天外映画祭」が今年も「奇想天外映画祭2022」として開催されることが決定した。新宿 K’s cinema にて9月17日(土)~10月7日(金)に開催される。

『リキッドスカイ』
© Slava Tsukerman
ジョルジュ・フランジュ生誕110年記念上映やピーター・ブルック追悼上映、アンコール上映も

今回のラインナップは、まずジェーン・バーキン主演『ワンダーウォール』(68)。イギリス時代最後の主演作となったバーキンはセリフ一切なし。ただ覗かれるだけの不可思議な役どころ。音楽はサントラ盤が最初のアルバム「不思議な壁」となったザ・ビートルズのジョージ・ハリソンが担当。インド・テイストのサウンドが全編に響き渡る。『レッドツェッペリン/狂熱のライブ』のジョー・マソットのサイケデリックなデビュー奇作。

また、本年が生誕 110 年となる「ジョルジュ・フランジュ」作品を2本記念上映。怪奇と幻想と恐怖に満ちたフランジュのホラー映画史に残る傑作『顔のない眼』(59)、テンプル騎士団の秘宝を狙って、“赤い仮面”の男が率いる仮面軍団とゾンビ軍団が共闘して挑む、フランジュのカラー作品にして遺作『赤い夜』(74)。

「ラテンアメリカ」からは、ひたすらアナーキーな世界に邁進する主人公の情念とパワーが画面にほとばしり見るものを圧倒する“シネマ・ノーヴォ”の傑作、グラウベル・ローシャ監督『狂乱の大地』(67)、そして、メキシコ時代のブニュエル・ワールド満載の逸品、ルイス・ブニュエル監督『昇天峠』(75)。

そして、ノワール作品が2本。『死刑台のエレベーター』とマイルス・デイヴィス、『大運河』と MJQ などノワール+ジャズの流れで登場した、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズが音楽を担当したエドウアール・モリナロ監督『殺られる』(59)。クライマックスのカーチェイス・シーンは伝説になっているアンソニー・マン・ノワールの傑作『サイド・ストリート』(50)。

そして今年の7月に亡くなったイギリスの偉大な演出家であり映画監督ピーター・ブルックを追悼し、神秘思想家グルジェフの自伝を映画化した『注目すべき人々との出会い』(79)を特別上映する。

昨年好評を博したアンコール作品としては、デルフィーヌ・セイリグ主演、ハリー・クーメル監督『赤い唇』、ジョン・ウォーターズ監督の初長編作『マルチプル・マニアックス』を上映。

今年の目玉作品はスラヴァ・ツッカーマン監督の『リキッド・スカイ』。小さな宇宙船がニューヨークに着陸する。エイリアンたちは麻薬による陶酔を求めて、ヘロインからさらには人間のオーガニズム絶頂期に脳内で分泌される快楽物質を追い求めている。息をのむばかりの美と輝き。奇怪で気取ってそれでいてきらびやかな世界。痛快で“ぶっ飛んだ”『リキッド・スカイ』はカルトの枠を超えた唯一無二の作品として鮮やかに光り輝く。今回 40 周年記念として 4K レストアされた『リキッド・スカイ』デジタル・リマスター版が上映される。

『リキッドスカイ』ポスター
© Slava Tsukerman

上映作品

『リキッド・スカイ』
アメリカ/1982 年/112 分/カラー
製作・監督:スラヴァ・ツッカーマン
出演:アン・カーライル、ポーラ E・シェパード、ボブ・ブラディ

『ワンダーウォール』
イギリス/1968 年/88 分/カラー
監督:ジョー・マソット/音楽:ジョージ・ハリソン
出演:ジェーン・バーキン、ジャック・マッゴーラン"

<ジョルジュ・フランジュ生誕110年記念上映>
『顔のない眼』
仏伊合作/1959 年/90 分/B&W
出演:ピエール・ブラッスール、アリダ・ヴァリ

『赤い夜』
仏伊合作/1974 年/100 分/カラー
出演:ゲイル・ハニカット、ジャック・シャンプルー

<ラテンアメリカから>
『狂乱の大地』
ブラジル/1967 年/107 分/B&W
監督:グラウベル・ローシャ
出演:ジャルデルー・フィーリョ、グラウセ・ローシャ

『昇天峠』
メキシコ/1951 年/75 分/B&W
監督:ルイス・ブニュエル
出演:リリア・プラド、カルメン・ゴンザレス

<奇想天外 Noir>
『殺られる』
フランス/1959 年/90 分/B&W
監督:エドウアール・モリナロ
音楽:アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ
出演:ロベール・オッセン、フイリップ・クレイ、マガリ・ノエル

『サイド・ストリート』
アメリカ/1950 年/83 分/B&W
監督:アンソニー・マン
出演:ファリー・グレンジャー、キャシー・オドネル

<ピーター・ブルック追悼上映>
『注目すべき人々との出会い』
イギリス/1979 年/107 分/カラー
監督:ピーター・ブルック
出演:ドラガン・マクシモヴィク、テレンス・スタンプ

<奇想天外アンコール>
『赤い唇』
ベルギー=フランス=ドイツ合作/1971 年/100 分/カラー
監督:ハリー・クーメル
出演:デルフィーヌ・セイリグ、ダニエル・ウィメ

『マルチプル・マニアックス』
アメリカ/1970 年/96 分/カラー
監督・製作・脚本・撮影・編集:ジョン・ウォーターズ

開催情報

奇想天外映画祭 2022

場所:新宿 K’s cinema 新宿区新宿 3 丁目 35−13 SHOWAKAN ビル3階
日時:2022 年 9 月 17 日(土)~10 月 7 日

提供:アダンソニア/主催:ブライトホース・フィルム

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事