⻑らく⾹港映画界を牽引してきた七⼈の名匠が集結したオムニバス映画『七人樂隊』(10月7日公開)の約90秒のメイキング動画が解禁された。

「スタイルの違う監督が集まって賑やかだ」

映画『七人樂隊』は、ジョニー・トー監督のプロデュースで、香港映画界が誇る七人の名匠が集結。1950年代から未来まで、10年ずつ年代を分けて担当した短編7本から成るオムニバス映画。

まだ貧しかった50年代、必死にカンフーの稽古に励んだ幼い自分と仲間の姿を描くサモ・ハン監督「稽古」。教育に生涯を捧げる校長先生と、家族のように日々を過ごした、女性教師の淡い憧れを描いたアン・ホイ監督「校長先生」。移住を控えた恋人たちの別れをスタイリッシュな映像で描いたパトリック・タム監督「別れの夜」。移住する孫と香港に残るおじいさんの温かな交流を描くユエン・ウーピン監督「回帰」。香港特有の喫茶店“茶餐廳”を舞台に、庶民が株価に右往左往するジョニー・トー監督の「ぼろ儲け」。イギリスから久しぶりに帰って来た主人公が、香港の変わり様に翻弄されるリンゴ・ラム監督「道に迷う」。精神科の治療風景を描き、たたみかける台詞が魅力のツイ・ハーク監督「深い会話」。

七人の監督が特別なノスタルジーをこめ、腕によりをかけて映像化した7つの物語は、デジタルカメラが主流の現代にあえて35mmフィルムでの撮影を行い、過ぎ去りし“フィルムの時代”への敬意を表明していることでも注目されている。

今回、解禁されるメイキング動画は「和やかな楽章」と名付けられ、⾹港が誇る七⼈の名監督たちが久しぶりに再会し、和気あいあいと現場での創作を楽しむ様⼦が伝わってくる内容となっている。

冒頭、ジョニー・トー監督が本作の企画意図を語る背景では、実際に35mmフィルムで撮影されている撮影現場が映され、デジタルの今では珍しい光景となった「フィルム交換」の作業を⽬撃することができる。

続いて登場したツイ・ハーク監督が「⼤勢の監督による共同制作は映画史的にも珍しい」と振り返れば、本作を撮り終えたのち、惜しくも逝去したリンゴ・ラム監督の姿も少しだけ⾒ることができる。また、ディレクターズ・チェアから「カメラを回せ!」と叫ぶサモ・ハン監督が「我々には映画への愛がある」と確信に満ちた表情で語る。

「各⾃が⾃由に創作できた」と語るのはパトリック・タム監督。現在、⽇本でも特集上映が好評を博しているウォン・カーウァイ監督の『欲望の翼』『楽園の瑕』で⾹港電影⾦像奨の最優秀編集賞を2度獲得した⾹港ニューウェーブの旗⼿・タム監督の表情には、楽しかった時間に名残を惜しむような雰囲気も。

最後に登場するのはユエン・ウーピン監督。「回帰」で“七⼩福”の⼀⼈であったユン・ワーを主演に迎え、カンフー映画全盛の時代から取り残されてしまったような好々爺と孫娘の交流を描いたウーピン監督が、まさにユン・ワーのような佇まいで「スタイルの違う監督が集まって賑やかだ」と微笑みながら語る様⼦は、⾒るものを幸せな気持ちにしてくれる。

このメイキング動画は2本からなり、もう⼀編も後⽇解禁が予定されている。

『七人樂隊』は10月7日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

作品情報

七人樂隊
2022年10月7日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

監督:サモ・ハン(洪金寶)/アン・ホイ(許鞍華)/パトリック・タム(譚家明)/ユエン・ウーピン(袁和平)/ジョニー・トー(杜琪峯)/リンゴ・ラム(林嶺東)/ツイ・ハーク(徐克)
プロデューサー:ジョニー・トー(杜琪峯)/エレイン・チュー(朱淑儀)
出演:ティミー・ハン(洪天明)/フランシス・ン(吳鎭宇)/ジェニファー・ユー(余香凝)/ユン・ワー(元華)/ン・ウィンシー(伍詠詩)/サイモン・ヤム(任達華)/チョン・タッミン(張達明)/ラム・シュ(林雪)

2021年/香港/広東語/111分/ビスタ/5.1ch/原題:七人樂隊/英題:Septet:The Story of Hong Kong/
日本語字幕:鈴木真理子/配給:武蔵野エンタテインメント

©2021 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved

公式サイト septet-movie.musashino-k.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事