ヴァレンティノ(Valentino)が撮影監督のマルセル・レヴと手を組み、2022-23年秋冬コレクション「ピンクPP」の広告キャンペーンの映像を制作、公開した。

「ユーフォリア」でゼンデイヤとタッグを組んだマルセル・レヴが撮影監督を務める

マルセルは、撮影監督を務めたHBOのドラマ「ユーフォリア」でクリエイティブ・アーツ・エミー賞を受賞。本キャンペーンの映像作品には、「ユーフォリア」で主演を務め、ヴァレンティノのDi.Va(=Different Values=現代において多面的な個性を備えヴァレンティノの価値を体現する人物)でもあるゼンデイヤが登場している。

同じくマルセルが担当した2022年春夏コレクションの映像に続き、まるで映画のような構成の本作品では、スタジオ中央のソファが超現実的な「ピンクPP」の世界へのポータルのような役割を果たし、夢のようなシナリオを呼び起こす。音楽は、ショーと同じYazooによるサウンドトラック、「Only You」の調べが流れる。

https://www.valentino.com/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事