台湾のアカデミー賞とも呼ばれる金馬奨で、主役のフー・ディンイーが年度台湾傑出映画製作者賞受賞、東京国際映画祭での上映でも反響を呼んだ、台湾映画界のレジェンド的フォーリーアーティストと呼ばれる音響効果技師と台湾・中国映画の舞台裏を描き出したドキュメンタリー映画『擬音 A FOLEY ARTIST』が11月19日(土)より K’s cinema ほか全国順次公開が決定した。

映画に命を吹き込む“音の魔術師”、フォーリーアーティスト

雑多なモノが溢れるスタジオで、映画の登場人物の動きやシーン、雰囲気を追いながら、想像もつかないような道具と技を駆使してあらゆる生の音を作り出す職人、フォーリーアーティスト。

本作は金馬奨に多数ノミネートされ台湾映画界の生きるレジェンド、フー・ディンイーの 40 年に及ぶフォーリー人生を記録したドキュメンタリーであり、ひとりのスタッフの目を通して見た台湾映画史である。70本を超えるフーの担当作品への言及を中心に、ホウ・シャオシェン、ワン・トン、エドワード・ヤンなど、台湾映画が広く世界に認知された 1980 年代のニューシネマの登場、そしてそれ以前の台湾映画も垣間見ることができる貴重な記録である。音響制作の老巨匠たち、さらには台湾映画のサウンドトラックを制作する伝説的な人物たちが映画の音を取り巻く環境の変化、未来のフォーリーの存在についても語る。

本作の監督を務めるワン・ワンローは自身のデビュー作、ルオ・フーという詩人を記録したドキュメンタリー映画の制作時に、超現実的な詩の世界を現場音だけで表現するには限界があることを痛感し、本格的に「音」を勉強しようと思ったことが本作制作のきっかけとなった。台湾のアカデミー賞とも呼ばれる金馬奨では、フー・ディンイーが年度台湾傑出映画製作者賞受賞、東京国際映画祭での上映でも反響を呼んだ映画愛溢れる本作が遂に公開となる。

映画には目に見えないプロフェッショナルがたくさん存在する。映画界のあらゆる技術的側面がデジタル化される時代が近づく中、効果音だけは決して機械やファイルに置き換えることはできない。フォーリーが仕事ではなく創作であり、生活そのものとして過ごすフーは今も尚、日々新たな音に触れている。

このたび解禁されたメインビジュアルは本作の主人公フー・ディンイーが鐘を鳴らしながら温かく微笑む姿、そしてフォーリーアーティストが様々な生音をつくりだす出す際に使う日常の道具がぎっしりと並んだイラストが目を引く。一見ガラクタに見える道具からどのような音が作られるのだろうか。

作品情報

擬音 A FOLEY ARTIST
2022年11月19日(土)より新宿 K’s cinema ほか全国順次公開

監督|ワン・ワンロー(王婉柔)
出演|フー・ディンイー(胡定一)、台湾映画製作者たち
製作総指揮|チェン・ジュアンシン 製作|リー・ジュンリャン
撮影|カン・チャンリー サウンドデザイン|ツァオ・ユエンフォン 編集|マオ・シャオイー
共同製作|行人股份有限公司 配給|牽猴子整合行銷股份有限公司 協力|国家文化芸術基金会
後援|台北駐日経済文化代表処台湾文化センター 特別協力|東京国際映画祭
日本語字幕|神部明世 配給・宣伝|太秦
2017|台湾|カラー|DCP|5.1ch|100 分

ⒸWan-Jo Wang

公式サイト foley-artist.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事