パリ13区』の脚本を手がけるなどフランスでいま最も注目される新鋭レア・ミシウス監督最新作『The Five Devils(英題)』が邦題『ファイブ・デビルズ』として、11月18日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国公開されることが決定した。

『アデル、ブルーは熱い色』で世界を魅了したアデル・エグザルコプロス主演

セリーヌ・シアマ、ジュリア・デュクルノーに続く才能、今フランスで最も期待される『パリ 13 区』脚本の新鋭レア・ミシウス監督作がいよいよ日本劇場初公開となる。

アルノー・デプレシャン『イスマエルの亡霊たち』、ジャック・オディアール『パリ 13 区』、クレール・ドゥニ『Stars at Noon(英題)』などフランスの巨匠監督たちの脚本を手掛けてきたミシウスが、初監督作『アヴァ』に続いて監督長編二作目に選んだ題材は「香りの能力でタイムリープする少女とその家族」の物語。

嗅覚に不思議な⼒をもつ少⼥はこっそり⺟の⾹りを集めている。そんな彼⼥の前に突然、謎の叔⺟が現れたことをきっかけに彼⼥のさらなる⾹りの能⼒が⽬覚め、⾃分が⽣まれる前の、⺟と叔⺟の封じられた記憶にタイムリープしていく。やがてそれは、家族の運命を変える予期せぬ結末へと向かっていく──

本作は第 75 回カンヌ国際映画祭監督週間においてクィア・パルムに選出され、批評家たちから「息を呑むほど美しい─SO FILM」「カンヌでセンセーションを巻き起こした─RFI」と称賛を浴び、ミシウスの存在が改めて仏映画界において不可欠なものとなった。主演は『アデル、ブルーは熱い色』で世界を魅了したアデル・エグザルコプロス。能力者の娘をもち、自身もある秘密を抱える母親役を熱演した。

そして、最注目すべきは、カンヌを沸かせたかつて無いストーリー展開。怪しげな家族ドラマは SF の世界へ突入し、やがて情熱的な愛の物語となる。また、「ファイブ・デビルズ」という架空の村を 35mm フィルムで捉えた映像が美しく恐ろしく、どこか懐かしいのは、「ツイン・ピークス」『シャイニング』『アス』に影響を受けたというミシウスの言葉通り、それらを彷彿とさせる。随所にオマージュシーンも見受けられ、傑作スリラー作品へのリスペクトも見所だ。

今回あわせて場面写真も解禁。炎の前で不穏な表情を浮かべるアデル演じるジョアンヌ。個性的なヘアスタイルに眼鏡をかけた娘ヴィッキー。自宅の前で誰かを嬉しそうに出迎える父ジミーと対照的にどこか不安げなジョアンヌの 2 ショット。香りの能力をもつ少女を取り巻く家族を写したどこか怪しげな 3 枚が披露された。

作品情報

ファイブ・デビルズ
2022年11月18日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開

監督:レア・ミシウス 『パリ 13 区』
脚本:レア・ミシウス、ポール・ギローム  
出演:アデル・エグザルコプロス、サリー・ドラメ
スワラ・エマティ、ムスタファ・ムベング、ダフネ・パタキア、パトリック・ブシテー
2021/フランス/仏語/96 分/カラー/シネスコ/5.1ch/原題:Les cinq diables/英題:The Five Devils/日本語字幕:横井和子
配給:ロングライド

©2021 F Comme Film - Trois Brigands Productions - Le Pacte - Wild Bunch International - AuvergneRhône- Alpes Cinéma - Division

公式サイト https://longride.jp/fivedevils/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事