天安門事件が起きた激動の北京を背景に、青年実業家と素朴な学生との愛の軌跡を描く『ランユー 4Kリマスター版』Blu-ray&DVDが2023年1月11日(水)に発売されることが決定した。

インターネットで匿名小説として話題になった「北京故事」を映像化

原作となった「北京故事」は元々インターネットで匿名小説として発表されており、中国の激動の民主化のうねりの中、自由と新しい愛の形を表現したとしてセンセーショナルな話題になった。2001年に『藍宇』のタイトルで映像化、公開された本作は、香港、台湾で賞レースを席巻し、日本国内でも伝説のBL映画として熱狂的に支持されている。今回、日本上映20周年を記念して、4Kリマスター版のBlu-ray&DVDの発売が決定した。

1988年、民主化の波が押し寄せていた頃の北京。政府幹部とのコネで順調に貿易会社を経営するバイセクシャルのプレイボーイ、ハントン。彼はある日、地方から出てきたばかりの苦学生・ランユーを買いベッドを共にする。ハントンにとっては一夜限りの遊びだったがランユーは女性経験すら無く、ハントンとの関係が初めてだった。数か月後、夜の街で2人は偶然に再会する…。

中国国内での正式上映は許可されなかったが、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に2001年にノミネート。その後香港、台湾で上映され第21回香港電影響金像奨10部門ノミネート、第38回台湾金馬奨では最優秀監督賞、最優秀主演男優賞、 脚本賞、編集賞、観客賞、主要5部門を受賞しアジアの賞レースを席巻した。

監督は、本作が代表作となったスタンリー・クワン。監督自身もゲイを公言していて本作は実に丁寧でリアルな演出が冴えわたった。特に台湾ではインディーズ系の作品で有りながら公開前から注目を集め、映画祭では数多くの受賞を受け、セクシュアル・マイノリティーの存在が急速に認知されるという社会現象も巻き起こした。香港ニューウェーブ第二世代を代表する監督の一人となったクワンは1999年、日本の岩井俊二監督、台湾のエドワード・ヤン監督とともに新レーベル「Y2K」を設立し、『異邦人たち』(2000)を監督した。

バイセクシャルのプレイボーイ・ハントン役には、1997年のカンヌ国際映画祭出品作品『東宮西宮』で注目されたフー・ジュン。2008~2009年にはジョン・ウー監督の『レッドクリフ Part1&2』に出演するほか、『インファナル・アフェア 無間序曲』(2004)、『SHADOW/影武者』(2019)など多数の作品に出演。素朴な学生・ランユーを演じるのはリウ・イエ。在学中に『山の郵便配達』で映画デビュー。出演作に『コネクテッド』(2009)、『項羽と劉邦 鴻門の会』(2012)などがある。今でも中国の人気俳優として活躍する二人の切ない演技は必見。

作品情報

ランユー 4Kリマスター版

【発売日】
2023年1月11日(水)

【価格】
Blu-ray 5,170円(税込)、DVD 4,180円(税込)

【Blu-ray特典】
■特典仕様
・アウターケース
■封入特典
・特製ポストカード(3枚)※DVDにも封入
■映像特典

・スタンリー・クワン監督 最新インタビュー映像
・予告編(オリジナル予告・日本版予告)※DVDにも収録

※商品の仕様は変更となる可能性がございます。

【キャスト】
フー・ジュン リウ・イエ

【スタッフ】
監督:スタンリー・クワン
原作:『北京故事』
脚本:ジミー・ガイ
製作総指揮:ジィエン・チン
製作:チョン・ヨンニン、クワン・シェイ
撮影:ヤン・タオ
美術・編集:ウィリアム・チャン
録音:ワン・シュエイー
音楽:チャン・ヤートン

発売元・販売元:株式会社アクセスエー
販売協力:株式会社ハピネット・メディアマーケティング
©2001 OMICO INTERNATIONAL MANAGEMENT CO. LTD.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事