パリ13区』の脚本を手がけるなど、フランスで最も注目される新鋭レア・ミシウス監督最新作『ファイブ・デビルズ』(11月18日公開)の予告編&日本版ビジュアルが解禁された。

真実のキーワードは「村で起きた悲劇」と「燃えたぎる愛」

本年度カンヌ国際映画祭監督週間クィア・パルムにノミネートされ観客を騒然とさせた『ファイブ・デビルズ』は“香り”の能力で母の記憶に飛び込むタイムリープ・スリラー。嗅覚に不思議な力をもつ少女はこっそり母の香りを集めている。そんな彼女の前に突然、謎の叔母が現れたことをきっかけに彼女のさらなる香りの能力が目覚め、自分が生まれる前の、母と叔母の封じられた記憶にタイムリープしていく。やがてそれは、家族の運命を変える予期せぬ結末へと向かっていく──。

今回解禁された日本版ビジュアルは、若かりし頃の母ジョアンヌ(アデル・エグザルコプロス)の儚くも情熱的な力強い記憶の一部がビジュアルに活写されている。全編 35mm フィルムで撮影された本作を切り取った一枚は、往年のスリラーを思わすような味わい深さが表現され、美しく、同時に緊張感が漂う。タイトルとリンクするような「悪魔が真実を嗅ぎつける」というコピーが語る、「真実」とは。衝撃の展開が観客を待ち受けていることを予期させる。

あわせて予告編も解禁。ファイブ・デビルズという閉鎖的な小さな村を映し出す美しい映像とは対照的に不穏な音楽が流れる中、「香り」の能力をもつ少女とその家族のもとに、音信不通になっていた父の妹が訪れる。歓迎されない妹の正体を探るべく、少女が香りを嗅いでタイムリープしたのは母と叔母の 10 年前の封じられた記憶。不可思議でドキリとする映像が息つく暇もなく畳みかけ、「秘密の記憶が明かす衝撃の真実」という言葉で締めくくられる。真実のキーワードは、「村で起きた悲劇」と「燃えたぎる愛」。そのヒントが隠された映像に注目だ。

本作の監督・脚本を務めた今フランスで最も注目される新鋭レア・ミシウスは、ジャンルが多岐にわたるこの物語が生まれたきっかけについて「脚本は、モザイクのかかった匂いに取り憑かれた女の子のアイデアから組み立てました。それは私の個人的な興味に起因しています。私は幼い頃から、香りを嗅ぎ分け、再現する訓練をしていました。しかし、それは香水業界に入りたいからではなく、もっと素朴なもの、もっと純粋に産業とは関係ない感覚的なものを探していたのです」と、自身の幼少時代の経験が元になっていると語る。

秘密の記憶が明かす「衝撃の真実」を知ったとき、あなたを待つのは絶望か、希望か─。『ファイブ・デビルズ』は11月18日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開。

作品情報

ファイブ・デビルズ
2022年11月18日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開

監督:レア・ミシウス 『パリ 13 区』
脚本:レア・ミシウス、ポール・ギローム  
出演:アデル・エグザルコプロス、サリー・ドラメ
スワラ・エマティ、ムスタファ・ムベング、ダフネ・パタキア、パトリック・ブシテー
2021/フランス/仏語/96 分/カラー/シネスコ/5.1ch/原題:Les cinq diables/英題:The Five Devils/日本語字幕:横井和子
配給:ロングライド

©2021 F Comme Film - Trois Brigands Productions - Le Pacte - Wild Bunch International - AuvergneRhône- Alpes Cinéma - Division

公式サイト https://longride.jp/fivedevils/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事