“大型スクリーンで映像を楽しめるシアターホテル”がコンセプトの次世代型エンタメ・スマートホテル「シアテル羽田Ⅱ」が2021年5月14日(金)にオープンした。

“泊まれる映画館”の東京2店舗目が羽田に誕生

Theater(シアター)× Hotel(ホテル)の着想から名付けた「Theatel - シアテル」は現在、東京、大阪、札幌で展開。全ての客室にプロジェクターと高音質スピーカーを設置し、くつろぎながら迫力ある映像や映画を大きなスクリーンで体験できることが特徴だ。スタイリッシュでコージーな客室は“泊まれる映画館”としても評判を呼んでいる。

Theatel利用イメージ

新型コロナウイルスの影響で、海外からの一時帰国の際の隔離ニーズやおこもり需要が高まる中、気分転換できるエンタメを提供してくれる同ホテルの特徴を紹介しよう。

空間デザイン:シネマを連想させる居心地の良いスペース

シネマ(映画館)をイメージしたインテリアや、ダイナミックなアートを直接ペイントしたエントランス、客室の写真など、従来のホテルらしくない特徴的な内装。最大3名まで泊まれる客室では、家族、カップルでの滞在や女子会など、おしゃべりしながら大型スクリーンで映画や映像コンテンツを楽しめるユニークな体験が味わえる。滞在中は、提携している200以上のシネマ作品が完全見放題なのもうれしい。

プロジェクターはAnker社製品を採用。色彩を鮮やかに映し出し、黒色の深みと濃さもダイナミックに表現してくれる。ゲストは自身のモバイルからミラーリングすることも可能だ。

Theatel館内イメージ、プロジェクター
スマート運営:フロント完全無人でニューノーマルに対応

モバイル完結、キャッシュレス、キーレス(カードキーの受け渡しなし)を追求し、自社開発したクラウドホテル運営システム「suitebook」を導入。「事前エクスプレスチェックイン」を活用すれば、チェックイン時間をわずか1分以内に短縮することが可能に。また、24時間対応のオンラインコンシェルジュにより、滞在中の応対などはモバイルチャットで実施。テクノロジーを用いることによって、フロント無人運営でも先回りしたもてなしが受けられる。

利便性:羽田空港に近く、深夜チェックインも可能

京急空港線穴守稲荷駅から徒歩3分に位置し、羽田空港から最寄駅まで電車で6分、タクシー利用で8分と、空港利用者にとっても便利な立地。フロント無人運営を実現するため、スマートロックによるセキュリティも完備している。24時間オンラインコンシェルジュと繋がることができるため、深夜のチェックインも対応可能だ。

Theatalチェックインイメージ
スペシャルオファー開催中!

◆オープニングセール
シアテル羽田Ⅱでは5月14日(金)から7月14日(水)宿泊分まで、通常料金から30%オフとなるオープニングセールを開催中。詳しくは、ホームページをチェックしよう。

◆海外外帰国一時滞在サポートプラン
海外から日本へのご帰国の一時滞在施設としても利用可能。成田空港および羽田空港からのコロナ専用ハイヤーも連携されており、空港から当施設までの移動から滞在までフルサポート。詳しくは、以下のメールアドレスに問い合わせを。
【宿泊に関するお問合せ先】guest-haneda-2@theatel.asia

施設概要

「Theatel羽田Ⅱ(シアテル羽田Ⅱ)」
所在地:東京都大田区羽田4-4-6
居室数 : 全19室
1部屋あたり宿泊人数:最大3名
アクセス : 京浜急行電鉄空港線 穴守稲荷駅より約200m(約3分)
公式サイト: https://theatel.asia/hotels/haneda2

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事