ラッパーのマシン・ガン・ケリーことコルソン・ベイカーと、名優ケヴィン・ベーコンが共演する絶体絶命ノンストップ・アクション『One Way』が邦題『ワイルド・ロード』として12月2日(金)より全国ロードショーが決定した。

組織の金を奪ったフレディに冷酷な女ボスの執拗な追手が迫る

本作は『エクスペンダブルズ2』『トゥームレイダー』のプロデューサーが放つノンストップ・アクション。組織から金とコカインを盗んだフレディは、腹部に銃弾を受けながらも命からがら逃げ出し、長距離バスに乗り込む。冷酷無比な女ボスのヴィックは、裏切りを絶対に許さない。フレディと共謀した仲間たちは、次々と捕まり殺されていく。しかし、フレディには何としても逃げ切らなければいけない理由があった。それは、ひとり娘のリリーのためだった。犯罪を繰り返し、父親らしいことは何もできなかった。この金は、せめてものリリーへの償いだった。ヴィックの追手が迫る中、出血多量で意識が朦朧としていく。さらに、車内には怪しい行動を取る乗客もいる。フレディは、藁をもすがる思いで疎遠になっていた父親に助けを求めるが―。

主演は、マシン・ガン・ケリーの名でラッパーとして活動するコルソン・ベイカー。2020年にリリースしたポップ・アルバムは、全米1位を獲得。俳優としても、『囚われた国家』や「プロジェクト・パワー」等に出演。溢れる才能で活躍の場を広げている。

そして、ハリウッドの元祖カメレオン俳優ケヴィン・ベーコンが、主人公の父親役で出演。醸し出す怪しい雰囲気は健在で、底の知れない演技を見せつける。その他、『ウォークラフト』のトラヴィス・フィメル、『透明人間』のストーム・リードらが脇を固める。『エクスペンダブルズ2』『トゥームレイダー』等、メジャーヒット作品を世に送り出したプロデューサーたちが手掛けた本作は、観客を予測不可能な一本道へと誘う。

このたび解禁されたメイン写真では、コルソン・ベイカー演じる主人公のフレディが組織の追手から逃れるため乗り込んだ長距離バスで逃亡する様子が映されている。スマートフォンを片手に、どこかに連絡している彼の表情は虚ろで、絶体絶命の苦境に追い込まれたフレディは、どうやってこの境地を打破していくのか気になるビジュアルとなっている。

作品情報

ワイルド・ロード
2022年12月2日(金)より、全国ロードショー

出演:コルソン・ベイカー「プロジェクト・パワー」、ストーム・リード『透明人間』、ドレア・ド・マッテオ「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」、トラヴィス・フィメル『ウォークラフト』、ケヴィン・ベーコン『ブラック・スキャンダル』
監督:アンドリュー・ベアード/脚本:ベン・コンウェイ/撮影:トビア・センピ/編集:ジョン・ウォルターズ

2022年/アメリカ映画/英語/97分/ビスタ/5.1ch/字幕:江﨑仁美/映倫G
原題:One Way/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

© 2022 INSPIRED CREATIONS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト wild-road.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事