クリステン・スチュワートがダイアナ元妃を演じアカデミー賞にノミネートを果たした『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)より、知られざるイギリス王室の“しきたり”を収めた本編映像が解禁された。クリスマスの幸福度を測るための驚きの方法とは?

名優ティモシー・スポールが見た、主演クリステン・スチュワートの名演の秘訣とは?

『スペンサー ダイアナの決意』は、一人の人間として生きる道を選んだダイアナの、決意の3日間の物語。ダイアナを演じるのは、 『トワイライト』シリーズ、『チャーリーズ・エンジェル』のクリステン・スチュワート。キャリア史上最高の演技と称された渾身の演技で、アカデミー賞主演女優賞に初のノミネートを果たした。監督を務めるのは、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』でジャクリーン・ケネディの知られざる姿を描き、主演のナタリー・ポートマンをアカデミー賞ノミネートに導いたパブロ・ラライン。鋭い洞察力と確かな手腕でダイアナの孤独と苦しみを静かに浮き彫りにする。

本作では夫の不倫、マスコミの異常な執着、王室の古いしきたりに縛られ、自由を失ったダイアナの苦しみが寓話として描かれるが、映画で描かれるものすべてに「これは本当?それともフィクション?」と疑問を持ちながら見るのも楽しい。

このたび解禁されたのは、知られざる王室のしきたりが切り取られたシーン映像。クリスマスを過ごすためにロイヤルファミリー全員が集まったサンドリンガムハウスに遅れて到着したダイアナ。するとロビーには新しい小姓・グレゴリーの姿が。体重を量る、という王室クリスマス伝統のしきたりをほかのファミリーと同様に遂行しようとするグレゴリーだが、ダイアナは見逃してほしいと頼む。「伝統は守らねばなりません」と静かな圧力をかけるグレゴリーの逆らい難い姿に、ダイアナは「分かった。もめ事は避けたい」と嫌々ながら体重計にのるのであった――。

この“体重を量る”というクリスマスの伝統は驚くべきことに本当にある。1900 年代初頭にエドワード 7 世が「クリスマスのゲストがどれだけ楽しんだかを体重増加で測りたい」と提案しスタートしたと言われており、実に 100 年以上も続いている歴史のあるしきたりとなっている。

何年もの間摂食障害に苦しんでいたダイアナにとっては体重測定ほど苦しいものはなく、映画ではそんなダイアナを想像して伝統を拒否する姿が描かれている。ダイアナにとっては苦しいシーンであるが、サンドリンガムハウス内の美術やディテールに目を向ければ、とてもわくわくできる本作。建物内のインテリアや、シーンの主役となる体重計も、重りを一つ一つ置いて計測していくアンティーク式。普段は目にすることができない小道具の数々にも注目したい映画だ。

そして印象的な存在感を放つグレゴリーを演じるのは、『ターナー、光に愛を求めて』、『英国王のスピーチ』、そして『ハリー・ポッター』シリーズのピーター・ペティグリュー役でおなじみ、さらに俳優として大きな功績を残したことを認められ、大英帝国勲章4等勲爵士(OBE)を受勲された名優ティモシー・スポール。

英国王室から認められた俳優である彼は、王室で働くスタッフ役のオファーにとても興味を持ったようで、「映画のテーマ、脚本の質、セリフ、そしてグレゴリーのキャラクターにとても興味をそそられよ。グレゴリーは一見すると、とても厳格で大胆不敵、人と接するときも感じのいいタイプではない。だから怖いように感じるけれど、彼は決してダイアナの敵ではなく、王室に代表する群衆の精神を表す存在として描かれているんだ」とキャラクターを分析する。

そして共演したクリステン・スチュワートについては「現場でクリステンがドアから入ってくるのを見たとき、明らかに彼女はダイアナでした。第一印象もそうだったし、演技も見事だった。素晴らしい演技というのは、所作やアクセントももちろん大事だけど、演技自体が“どこからきているのか”ということが重要になってくる。彼女は動きも言葉もすべてが自然に出てくるほどにダイアナを心から理解していた。本当に素晴らしかったよ」と絶賛している。主役の名演を陰でさりげなく支える名優の存在も見逃せない作品となっている。

『スペンサー ダイアナの決意』は10月14日(金)TOHO シネマズ 日比谷 ほか全国ロードショー。

作品情報

スペンサー ダイアナの決意
2022年10月14日(金)TOHO シネマズ 日比谷 ほか全国ロードショー

STORY
1991 年のクリスマス。ダイアナ妃とチャールズ皇太子の夫婦関係はもう既に冷え切っていた。不倫や離婚の噂が飛び交う中、クリスマスを祝う王族が 集まったエリザベス女王の私邸サンドリンガム・ハウス。ダイアナ以外の誰もが平穏を取り繕い、何事もなかったかのように過ごしている。息子たちとのひと時を除いて、ダイアナが自分らしくいられる時間はどこにもなかった。ディナーも、教会での礼拝も、常に誰かに見られている。彼女の精神はすでに限界に達していた。追い詰められたダイアナは、生まれ育った故郷サンドリンガムで、今後の人生を決める一大決心をする――。

主演:クリステン・スチュワート(『トワイライト』シリーズ、『チャーリーズ・エンジェル』) ジャック・ファーシング(「風の勇士 ポルダーク」)、ティモシー・スポール(『英国王のスピーチ』)、サリー・ホーキンス(『シェイプ・オブ・ウォーター』、ショーン・ハリス『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』)
監督:パプロ・ラライン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)

配給:STAR CHANNEL MOVIES

photo: Pablo Larrain
©2021 KOMPLIZEN SPENCER GmbH & SPENCER PRODUCTIONS LIMITED

公式サイト https://spencer-movie.com

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事