ダイアナ元妃を題材にしたドキュメンタリー映画『プリンセス・ダイアナ』と劇映画『スペンサー ダイアナの決意』の2作品がこの秋公開されるにあたり、“ダイアナプロジェクト”が発足し、プロジェクトアンバサダーに米倉涼子が就任。また『スペンサー ダイアナの決意』の日本公開日が10月14日(金)に決定し、米倉のナレーション入り予告が解禁された。

「彼女への想いが強いのに加え、不思議な縁を感じています」

1997 年 8 月 31 日、ダイアナ元皇太子妃が交通事故で亡くなったというニュースは世界中に衝撃を与えた。スペンサー伯爵家の令嬢として誕生し、20 歳でチャールズ皇太子と結婚すると瞬く間に人気者となったダイアナ。世界中で「ダイアナ・フィーバー」を巻き起こし、2 人の息子を育て、死の直前まで人道支援活動に心を注いだ「愛の人」。36 歳という短い生涯を駆け抜けた彼女の生き様は世界中の人々に希望と共感を与え今なお愛され続けている。

今回日本公開日が決定した『スペンサー ダイアナの決意』は 『トワイライト』シリーズ、『チャーリーズ・エンジェル』のクリステン・スチュワートがダイアナ元妃を演じ、アカデミー賞にノミネートを果たした作品。一人の人間として生きる道を選んだダイアナ、決意の 3 日間を描く。監督を務めるのは、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』でジャクリーン・ケネディの知られざる姿を描き、主演のナタリー・ポートマンをアカデミー賞ノミネートに導いたパブロ・ラライン。鋭い洞察力と確かな手腕でダイアナの孤独と苦しみを静かに浮き彫りにする。

9 月 30 日(金)には世界初の劇場ドキュメンタリーとなる『プリンセス・ダイアナ』が、そして 10 月 14 日(金)には本作が公開されるにあたり、“ダイアナプロジェクト”が発足。そのプロジェクトアンバサダーに、国内外で活躍する俳優の米倉涼子が就任した。

米倉は今回のアンバサダー就任に「ダイアナ元妃のことは昔から好きで、尊敬もしていますので、今回アンバサダーのお話をいただき本当に光栄です。また、別の映画でも、ダイアナ役の吹き替えをやらせていただいたこともあり、彼女への想いが強いのに加え、不思議な縁を感じています」と意気込みを語っている(コメント全文は以下にて)。

さらに米倉のナレーションが入った『スペンサー ダイアナの決意』の本予告も新たに解禁。精神的に追い詰められながらも、自身の今後の人生を左右する大きな決断をくだした 3 日間を描いた、気高くも切ない、誰も知らない物語。米倉は「私の道は、私が決める」というコピーをダイアナ妃の心情そのままのように決意ある声で表現している。

米倉は、「今回、久しぶりに予告編でナレーションもやらせていただきましたが、このナレーションに私の言いたいことは全部詰まっています!」と自身の思いをナレーションにすべて込めたとコメントしている。

またあわせて 2 作品のポスターも解禁。まさにダイアナ妃そのもののようなクリステン・スチュワートの表情も美しい『スペンサー ダイアナの決意』。そして、多くのカメラマンに囲まれながらも笑顔のダイアナ妃とは対照的に「彼女を本当に“殺した”のは誰?」というセンセーショナルなコピーの入った、『プリンセス・ダイアナ』。

世界で一番愛されたプリンセス、ダイアナの儚くも力強い人生を描く 2 作品が公開するこの秋、アンバサダーを迎えさらに華やかに彩られるダイアナプロジェクトの全貌に注目だ。

米倉涼子  アンバサダー就任コメント全文

ダイアナ元妃のことは昔から好きで、尊敬もしていますので、今回アンバサダーのお話をいただき本当に光栄です。実は、以前にテレビのドキュメンタリーでダイアナさんの人生を追いかけたことがあり、事故現場や親しかった方々にお話を伺ったこともありました。また、別の映画でも、ダイアナ役の吹き替えをやらせていただいたこともあり、彼女への想いが強いのに加え、不思議な縁を感じています。

『スペンサー ダイアナの決意』、ドキュメンタリー映画『プリンセス・ダイアナ』、どちらにも共通するのは、彼女自身が自分の人生を決めて歩いた、というところだなと思います。ダイアナさんの決意には程遠いですが、自分で決めたら自分でやる、という彼女の姿勢に私もとても共感しましたし、その姿に勇気をもらいました。現代の働いている女性の方々、また様々な境遇でがんばっていらっしゃる方々にも共感してもらえるのではないかと思います。

今回、久しぶりに予告編でナレーションもやらせていただきましたが、このナレーションに私の言いたいことは全部詰まっています!

ドキュメンタリー映画『プリンセス・ダイアナ』

世界中で大フィーバーを巻き起こし日本でも高い人気を誇ったダイアナ元皇太子妃のドキュメンタリー映画が今年秋、世界で初めて劇場公開される。歴史に残る結婚式。子供が生まれた日。離婚にまつわるスキャンダル。AIDS の子供を抱きあげる姿。そして彼女が亡くなった日――。カメラは全てを映し出していた。世界中で25億人が見たという、「ダイアナ妃の葬儀」。むきだしの映像が、ダイアナ元皇太子妃の人生を物語る。

9月30日(金)より TOHO シネマズシャンテ、Bunkamura ル・シネマ他にて公開
配給:STAR CHANNEL MOVIES

作品情報

スペンサー ダイアナの決意
2022年10月14日(金)TOHO シネマズ 日比谷 ほか全国ロードショー

STORY
1991 年のクリスマス。ダイアナ妃とチャールズ皇太子の夫婦関係はもう既に冷え切っていた。不倫や離婚の噂が飛び交う中、クリスマスを祝う王族が 集まったエリザベス女王の私邸サンドリンガム・ハウス。ダイアナ以外の誰もが平穏を取り繕い、何事もなかったかのように過ごしている。息子たちとのひと時を除いて、ダイアナが自分らしくいられる時間はどこにもなかった。ディナーも、教会での礼拝も、常に誰かに見られている。彼女の精神はすでに限界に達していた。追い詰められたダイアナは、生まれ育った故郷サンドリンガムで、今後の人生を決める一大決心をする――。

主演:クリステン・スチュワート(『トワイライト』シリーズ、『チャーリーズ・エンジェル』) ジャック・ファーシング(「風の勇士 ポルダーク」)、ティモシー・スポール(『英国王のスピーチ』)、サリー・ホーキンス(『シェイプ・オブ・ウォーター』、ショーン・ハリス『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』)
監督:パプロ・ラライン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)

配給:STAR CHANNEL MOVIES

©2021 KOMPLIZEN SPENCER GmbH & SPENCER PRODUCTIONS LIMITED

公式サイト https://spencer-movie.com

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事