A24が贈る青春ガールズムービー『Never Goin’ Back/ネバー・ゴーイン・バック』の公開初日が12月16日(金)に決定。TOHO シネマズ シャンテほか全国順次公開される。あわせてポスタービジュアル、場面写真、予告編が一挙解禁された。

“道徳心なしの楽しく、エネルギー溢れる”予告編に

2018 年のサウス・バイ・サウスウエスト映画祭でゲームチェンジャー賞にノミネートされた本作。監督のオーガスティン・フリッゼルは、女優としては 15 年以上ものキャリアがあるが、本作で長編映画監督デビューを果たした(続く2作目は日本では Netflix で配信されている『愛しい人から最後の手紙』)。

テキサス州ダラスで育った彼女は、15 歳で両親に捨てられたも同然で、毎月の家賃の当てもなく、友人と一緒に困難な暮らしを送ってきたことから本作の着想を得ている。夫で映画監督のデヴィッド・ロウリー(『グリーン・ナイト』『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』)と出会い、短編映画を制作するようになり、あの暗黒時代を笑い話に変えようと本作を撮影した。

高校を中退した親友同士のアンジェラとジェシーは、兄とその友人と 4 人で共同生活を送っているが、バイト三昧の日々でも、家賃を払うのがやっとの極貧生活を送っている。だが、ジェシーの誕生日に一週間のビーチリゾートのバカンスをプレゼントしたいアンジェラは、家賃を支払はなければならないお金で二人分の夢のチケットを購入する。不足分の家賃を稼ぐために無茶苦茶な追加シフトを入れるも、家に泥棒が入るわ、兄のせいで刑務所に入れられるわ、誤って大麻入りクッキーを食べてハイになるわ、挙句の果てにバイトもクビになりそうに…。二人の追い求める憧れのバカンス、テキサスのリゾートビーチへ無事に辿り着くことは出来るのか!?

今回解禁された予告編は冒頭の強烈な悪戯から始まり、際どいジョークの連発、テキサスでのヤバめな生活と、レビューにある通りの“道徳心なしの楽しく、エネルギー溢れる”予告編に仕上がっている。

主演はマイア・ミッチェルとカミラ・モローネ。マイアは撮影当時24歳で、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーの『ティーン・ビーチ・ムービー』や、同時期に公開されたティモシー・シャラメ主演の『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』の出演などで注目を浴びる長いキャリアを持つオーストラリア出身の若手俳優。またレオナルド・ディカプリオとの破局報道が記憶に新しいカミラ(名優アル・パチーノの継娘)は、VOGUE 誌の表紙も飾ったモデルで、ブルース・ウィリス主演の『デス・ウィッシュ』などで知られる。

作品情報

Never Goin’ Back/ネバー・ゴーイン・バック
2022年12月16日(金)より TOHO シネマズ シャンテほか全国順次公開

監督:オーガスティン・フリッゼル
出演:マイア・ミッチェル、カミラ・モローネ、カイル・ムーニー、ジョエル・アレン、ケンダル・スミス、マシュー・ホルコム、アティーナ・フリッツェル

【2018年/ アメリカ / 英語 / 86分 / カラー / シネスコ/ 5.1ch / 原題:Never Goin’ Back / 日本語字幕:安本 熙生】
配給:REGENTS 提供: REGENTS、AMGエンタテインメント

©2018Muffed Up LLC. All Rights Reserved.

公式サイト nevergoinback.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事